作家が紡ぐストーリーはどこまで真実なのか

『ストーリー・セラー』  有川浩(著) 幻冬舎文庫

「BOOK」データベースより

妻の病名は、致死性脳劣化症候群。複雑な思考をすればするほど脳が劣化し、やがて死に至る不治の病。生きたければ、作家という仕事を辞めるしかない。医師に宣告された夫は妻に言った。「どんなひどいことになっても俺がいる。だから家に帰ろう」。妻は小説を書かない人生を選べるのか。極限に追い詰められた夫婦を描く、心震えるストーリー。

作家としては致命傷となる病気にかかる妻、支える夫

思考すればするほど脳が劣化する不治の病にかかった作家である妻。妻の意思を尊重し、生きていく決意をする夫。

子供がいない夫婦のラブストーリー。そして、作家という生き方の「業」を感じさせます。

Side:Bの、夫婦の立場が逆転したら、という裏バージョンもまた、見方がガラリと変わって面白いです。

まとめ

最後の最後まで気が抜けない物語。「作家ってやつは!」と思わず唸ってしまうのです。

<こんな人におすすめ>

夫婦のラブストーリーが読みたい人
小説家の性質を知りたい人
有川浩が好きな人

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ストーリー・セラー (幻冬舎文庫) [ 有川浩 ]
価格:594円(税込、送料無料) (2020/3/10時点)

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


にほんブログ村


書評・レビューランキング

コメント