安定の疾走感とキレの良さ

『シアター!』    有川 浩(著) メディアワークス文庫

「BOOK」データベースより

小劇団「シアターフラッグ」―ファンも多いが、解散の危機が迫っていた…そう、お金がないのだ!!その負債額なんと300万円!悩んだ主宰の春川巧は兄の司に泣きつく。司は巧にお金を貸す代わりに「2年間で劇団の収益からこの300万を返せ。できない場合は劇団を潰せ」と厳しい条件を出した。新星プロ声優・羽田千歳が加わり一癖も二癖もある劇団員は十名に。そして鉄血宰相・春川司も迎え入れ、新たな「シアターフラッグ」は旗揚げされるのだが…。

崖っぷちに立たされた劇団の再生なるか!?

小劇団「シアターフラッグ」解散の危機!その赤字を助けてもらうべく香川巧は兄の司に泣きつく。

愛され末っ子キャラの巧、優秀な現実主義者、司。周囲の劇団員たちも非常にキャラがハッキリクッキリとしています。

セリフのやりとりもスパーンとキレが良いし、展開も公園までの数ヶ月と、走りながら物事が進んでいくようなスピード感が気持ちいいです。

まとめ

巧が作る脚本のように「わかりやすくて楽しめる」物語です。

<こんな人におすすめ>

お芝居、劇団運営に興味がある人
ツンデレ兄貴とかわいい弟の設定が好きな人
有川浩ファンの人

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シアター! (メディアワークス文庫) [ 有川浩 ]
価格:671円(税込、送料無料) (2020/3/25時点)

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


にほんブログ村


書評・レビューランキング

コメント