激流の中でも決して自分を見失わず

『あきない世傳金と銀 2(早瀬篇) 』  高田 郁 (著)  ハルキ文庫

あらすじ(角川春樹事務所HPより)

学者の娘として生まれ、今は大坂天満の呉服商「五鈴屋」に女衆として奉公する主人公・幸。十四歳の幸に、店主徳兵衛の後添いに、との話が持ち上がった。店主は放蕩三昧で、五鈴屋は危機に瀕している。番頭の治兵衛は幸に逃げ道を教える一方で、「幸は運命に翻弄される弱い女子とは違う。どないな運命でも切り拓いて勝ち進んでいく女子だす」と伝える。果たして、「鍋の底を磨き続ける女衆」として生きるのか、それとも「五鈴屋のご寮さん」となるのか。あきない戦国時代とも呼べる厳しい時代に、幸はどのような道を選ぶのか。話題沸騰のシリーズ第二弾!

奉公人の幸が、なんと若旦那と結婚!?しかしその道は険しくて…

シリーズ第二弾。14歳になった幸は、店の若だんなと結婚することに。

不況でものが売れぬ時代、店の金を使い込もうとする若旦那、女衆上がりが…という周囲の冷たい目線。

まとめ

そんな中、商品の知識を必死に学び、努力して知恵に変えようと頑張る幸の姿にエールを送りたくなります。まだまだ波乱は続く予感。これからの展開と幸の成長が楽しみな物語です。

<こんな人におすすめ>

『あきない世傳金と銀 1』を読んだ人
江戸時代の、大阪の商売について興味がある人
高田 郁ファンの人

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


にほんブログ村


書評・レビューランキング

コメント