いつの世も人の心はせつなく、そしてあたたかい

『ねこのばば』   畠中 恵(著) 新潮文庫

「BOOK」データベースより

お江戸長崎屋の離れでは、若だんな一太郎が昼ごはん。寝込んでばかりのぼっちゃんが、えっ、今日はお代わり食べるって?すべてが絶好調の長崎屋に来たのは福の神か、それとも…(「茶巾たまご」)、世の中には取り返せないものがある(「ねこのばば」)、コワモテ佐助の真実の心(「産土」)ほか全五篇。若だんなと妖怪たちの不思議な人情推理帖。シリーズ第三弾。

個性豊かな妖たちと謎を解決するのは病弱な若だんな

江戸の大店の若だんなと、彼のまわりでうごめく妖たちが、持ち込まれた謎を解くお江戸妖怪奇譚。

仏の道から外れた者、目先の金に囚われ、己の命を差し出す者…。様々な人間の思惑と感情が飛び出す五つの短編集。

なかでも幼馴染の妹、お春の縁談の話では、若だんながお相手の調査のために危険な目に遭うピンチ!!

まとめ

鳴家などの小鬼のおかげでこのピンチを脱し、縁談も無事にまとまります。が、お春の花嫁姿を見て、言葉の出ない若だんな。いろんな思いが胸を駆け巡っているのでしょうね。優しくて、強くて、体は弱い若だんな。今回も大活躍です。

<こんな人におすすめ>

江戸の妖怪ファンタジーが好き
江戸の人間ドラマや推理ものが好き
しゃばけのシリーズが好き

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ねこのばば (新潮文庫) [ 畠中恵 ]
価格:605円(税込、送料無料) (2020/5/16時点)

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


にほんブログ村


書評・レビューランキング

コメント