人の嫁として、新たなステージが始まる

『あきない世傳 金と銀〈3〉奔流篇』 

髙田 郁 (著)  角川春樹事務所

あらすじ

女衆として大坂の呉服商へ奉公することになった少女が、自らの聡明さと誠実さで、商いの道で活躍していく「あきない世傳」シリーズ第三弾。

三代目の後添えとなった少女・幸。しかし夫は不慮の事故で亡くなり、店の次男と結婚し、新たに店の若おかみとしての立場を得ることに。

才覚はあるが、情けのない夫のフォローをしつつ、商売を学ぶことに常に前向きな幸。少女から美しい大人の女性へと成長した幸に、夫の惣次は愛情を抱きながらも、幸の商の才覚に激しく嫉妬します。

まとめ

男のプライドと店の従業員改革、そして拡張計画。いよいよ幸の商才が少しずつ発揮されていく様子が小気味よく、ページをめくる手が止まりません。

<こんな人におすすめ>

女性が自分の未来を切り開いていく話が好き
江戸時代の話が好き
高田都ファン

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


にほんブログ村


書評・レビューランキング イラストブックレビュー制作動画

コメント