本と本がナニして子どもが生まれ・・・えっ!?

『本にだって雄と雌があります』

小田 雅久仁 (著)  新潮文庫

あらすじ

本にはオスとメスがあって、ナニすると子供が生まれ、本は増えていくのだ。生まれた本はバサバサと羽ばたき、飛んで行こうとするから、捕まえて然るべき処置を行う、と祖父の興次郎は教えてくれた…。

本と人生を描く壮大なファンタジー

父子四代にわたる、本と人生を描く壮大なファンタジー。序盤はその軽妙すぎる語り口に少々戸惑いますが、慣れてしまえばその世界観にグイグイ引き込まれます。

まとめ

生きている間も、死んだ後も書物を管理し続ける者たち。人の生死や神の存在がうまいこと書物とミックスされていて、かつて見たこともない、それでいてどこか懐かしさを感じさせる世界を生み出しています。本好きさんにはたまらない、実際に出会いたくなる世界の物語です。

<こんな人におすすめ>

本がとにかく好き
本の神様がいるに違いない、と信じている
本に埋もれて命を全うしたい、と思っている

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


にほんブログ村


書評・レビューランキング イラストブックレビュー制作動画

コメント