仮面の男の正体と、病院の闇を暴くことができるのか

『仮面病棟』     知念 実希人 (著) 実業之日本社文庫

あらすじ

先輩医師に頼まれ、療養型病院の当直バイトを引き受けた速水秀悟。当直室で待機中に呼び出され1Fに向かうと、腹から血を流した女を連れ、ピエロのラバーマスクを被った男が拳銃を手にして立っていた。コンビニ強盗犯らしき男は、朝までこの病院で立てこもると言うのだが…。

拳銃を持った男の目的、そして病院が隠すものとは

女性の傷は幸い深いものではなく、秀悟の手術により事無きを得ました。警察の捜査が手薄になる朝まで犯人は病院に立てこもり、不穏な動きがあれば撃つ、と秀悟たちを脅します。何とか警察に知らせようと考える秀悟に対し、過剰なほどに阻止しようとする医院長。

違和感を感じる秀悟は、この病院に秘密があるのではと考えます。そして助けた事で気持ちを寄せ始めた女性、愛美とともにピエロ男と委員長らの目を避け、動いた時に見つけたものとは。

まとめ

拳銃を持った強盗犯と、療養型病院に隠された秘密。張り詰めた緊張感の中、少しずつ明らかになっていく事実に驚きの連続です。そして迎える大どんでん返しのラストには、哀しさややるせなさが漂う、臨場感たっぷりの医療サスペンス・ミステリーです。

<こんな人におすすめ>

閉鎖された病院で起こる犯人との心理戦を描いた話に興味がある
犯人や事件の真実が最後までわからない物語を読んでみたい
知念 実希人のファン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

仮面病棟 (実業之日本社文庫) [ 知念実希人 ]
価格:652円(税込、送料無料) (2020/5/30時点)

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


にほんブログ村


書評・レビューランキング イラストブックレビュー制作動画

コメント