「切なさ」は行動を支える力となる

『実家が全焼したらインフルエンサーになりました』

実家が全焼したサノ (著) KADOKAWA

あらすじ

Twitterで切ない出来事を発信しているサラリーマン、「実家が全焼したサノ」。小学校の頃に実家が全焼、母親は蒸発、後に父親は自殺。切ないことだらけだった著者が、No2のホストになり、京大の大学院に進学し、インフルエンサーになるまでの奇跡を、静かな、ユーモア漂う筆致で描くエッセイ。

思いつきも、やることも破天荒

傍目から見れば「かわいそう」とか「気の毒」などと思う子供時代を送っていた著者。しかし、縮こまってうちに入ることなく、思い立ったら即実行!のものすごい行動力を持っています。大阪から東京までママチャリをこいでみたり、100kmマラソンを完走したり。すごいことを達成した結果が、わりとみにならなかったりして、まさに笑えて切ないエピソードです。

まとめ

全体を通して感じる事は「恐れずとにかくやってみる」という事です。自分を客観的に眺め、失敗も「切なかったです」と素直に感じ、受けとめています。それが、次の行動に向かう原動力になっているのかもしれません。

<こんな人におすすめ>

「切ない」ことが多すぎる人生を綴るエッセイを読んでみたい
笑えて、行動する力を与えてくれるような文章が好き
どうしたらインフルエンサーになれるのかを知りたい

↓テキストレビューも書いております。じっくりと読みたい方におすすめです。

↓切ない話を発信するサノさんのツイートはこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

実家が全焼したらインフルエンサーになりました [ 実家が全焼したサノ ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2020/6/19時点)

楽天で購入

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


にほんブログ村


書評・レビューランキング イラストブックレビュー制作動画

コメント