悪夢がよみがえる理由

『ひなこまち』  畠中 恵 (著) 新潮文庫

あらすじ

江戸の大店の一人息子であり、病弱な若だんなが妖たちと街で起こる不思議な出来事を解決する「しゃばけ」シリーズ第11弾!!

長崎屋が助けを求められた!?

長崎屋へ舞い込んだ木札。そこには「お願いです、助けてください」と書かれているが、誰が書いたのかわからない。なんとか力になりたいと思う若だんなに、次々と不思議な困りごとが持ち込まれる。

斬り殺されそうになる噺家の正体は、実は悪夢を食べる貘。この貘が悪夢を食べなくなったからさあ大変。江戸の町は怪しい出来事が次々に起こって大騒ぎになります。

まとめ

妖だってやりたいことがあるし、怖いものもある。妙に人間臭くて親近感を覚えてしまいます。妖たちは身近にいる。そう感じる物語です。

<こんな人におすすめ>

しゃばけの新登場キャラが気になる
『ゆんでめて』に出てきた禰々子が好き
『しゃばけ』シリーズのファン

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひなこまち (新潮文庫) [ 畠中恵 ]
価格:605円(税込、送料無料) (2020/6/13時点)

 

楽天で購入

 

 

 

 

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


にほんブログ村


書評・レビューランキング イラストブックレビュー制作動画

コメント