リズミカルに描く、ジャズ界巨匠の猫愛

『猫返し神社』  山下 洋輔 (著) 徳間文庫

内容

ジャズの巨匠、山下洋輔が日々振り回されながらも愛さずにはいられない、猫たちとの日々を綴ったエッセイ。

山下家に住む三匹の猫との暮らしぶり

先住猫で他と馴れ合わず、孤高の王者たる空気をまとうアーちゃん、愛嬌たっぷりで甘えっぷりもすごいピロちゃん、脱走の名人リーちゃん。3匹の猫が山下家にやってきた時から現在までの様子を軽妙に、ユーモアたっぷりに描いています。

家出したリーちゃんを探す道中にあった神社でお参りをしたら、リーちゃんが帰ってきた!ということが何度もありました。その神社が「ネコ返し神社」と呼ばれて、その地位を確固たるものにするまでの経緯が秀逸です。ジャズっぽいです。

まとめ

バラバラな個性の猫たちと人間たちがともに暮らすことで生まれる驚きや喜び、愛しさ。まるでジャズのような、変幻自在でリズミカルな猫との暮らしぶりを楽しむ山下さんの様子が伝わるエッセイです。

<こんな人におすすめ>

猫が好き
山下洋輔ファン
『猫返し神社』なるものに興味がある

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

猫返し神社 (徳間文庫) [ 山下洋輔 ]
価格:770円(税込、送料無料) (2020/6/13時点)

コメント