台所から流れるラジオの声に導かれて

『台所のラジオ』   吉田篤弘 (著)  ハルキ文庫

あらすじ

紙カツにソース、まぐろとたまごと寛平の海苔巻き、ビフテキにミルクコーヒー。いつの間にか消えてしまったもの、変わらずにそこにあるもの。流れる時の中で皆が耳を傾けるのは、台所のラジオから流れる声。やさしい温もりを感じる十二の短編集。

何気ない日々の一部にはいつもラジオが流れている

紙カツを出す食堂のおじさんと、そこにかけるソースを作るおじさんがケンカをしたら、紙カツの味が変わってしまった。(「紙カツと黒ソース」)

亡くなった夫が私に内緒で通っていたのは、女のところではなく海苔巻きの店だった。(「さくらと海苔巻き」)

人生のほんの一部分を切り取った、何かが始まる予感を感じさせるような物語たち。彼らに共通するのは台所から流れるラジオです。

まとめ

女性の静かな口調で語られるのは、ニュースや読者からのハガキといった他愛のないものですが、聞くものたちの心のどこかに引っかかったり、何かしらのスイッチを押したりします。そんなちょっとした変化や動きが、読む者の心に小さな明かりを灯してくれる物語です。

<こんな人におすすめ>

どこかで誰かとのつながりを感じるような物語を読んでみたい
じんわりと心が温まるような話が好き
吉田篤弘のファン

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


にほんブログ村


書評・レビューランキング イラストブックレビュー制作動画

コメント