幽霊の生きがい(?)ってなんだろう

『たぶんねこ』  畠中 恵 (著)  新潮文庫

あらすじ

江戸の大店の一人息子、一太郎と妖たちが活躍する「しゃばけ」シリーズ第12弾。妖と恋人たちが入り乱れるお見合い騒動、生きがい(?)を求めて悩む幽霊など計5編。

幽霊が江戸へ行きたい理由

狐がいる髪の庭から、どうしても江戸へ行きたいとやってきたのは月丸という名の幽霊。果たして何のために戻ってきたのか。

行きていた頃は職を転々とし、一つのものを勤め上げることができなかった。髪の庭では狐やたぬきに化け方を教わるも今ひとつの姿。何をやっても中途半端な月丸は、黄泉の国へ帰ってはどうかと勧められるのだが。

まとめ

一太郎は優しいだけでなく、皆が納得し、丸く収まるような解決力を身につけています。「仕方のないこと」と諦めずに、最善策をひねり出すひねり出すのは、自分の体が病弱ゆえ思うようにならず「仕方のない」ものだと常に感じているからでしょうか。

それゆえ他者の幸せは諦めない、という強いやさしさが伝わります。優しいだけでなく、解決するだけの力をつけた一太郎の成長が感じられる一冊です。

<こんな人におすすめ>

若だんなの働きぶりを見てみたい
若だんなの成長の様子を見てみたい
しゃばけシリーズのファン

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


にほんブログ村


書評・レビューランキング イラストブックレビュー制作動画

コメント