ハードボイルドな女探偵は四十肩

『静かな炎天』 若竹七海 (著)  文春文庫

あらすじ

ひき逃げで息子に重傷を負わせた男の素行調査。疎遠になっている従妹の消息。依頼が順調に解決する真夏の日。女探偵は、ある疑問を抱く。タフで不運な女探偵・羽村晶の魅力満載な短編集。

四十肩に見舞われる女探偵

ミステリ専門の古書店でアルバイトをしつつ、依頼が会った時のみ探偵業を行う羽村晶。40過ぎの女性、独身。探偵としては優秀な彼女。しかし体の不調には苦しめられてしまいます。なんと四十肩になってしまうのです。

彼女に持ち込まれる依頼は様々です。被害者たちのままならない思いがひしひしと伝わってきます。依頼された仕事はきっちりこなすけれども、被害者に寄り添ってあげたりするのは苦手、という一面も。そんなところも人間味が会って魅力的です。

まとめ

案件に冷静に取り組みつつ、何故だかいろいろと余計なことをやるハメになってしまう、ハードボイルドな女探偵はちょっぴり不幸体質?どれをとっても読み応えのある、女探偵の魅力溢れるミステリ短編集です。

<こんな人におすすめ>

ハードボイルドな女探偵の物語を読みたい
ミステリについての薀蓄を知りたい
葉村晶シリーズのファンである

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


にほんブログ村


書評・レビューランキング イラストブックレビュー制作動画

コメント