おっさんたちのシビアな歓喜と悲哀の日々

『ワイルドサイドをほっつき歩け ハマータウンのおっさんたち』

ブレイディ みかこ (著), 筑摩書房

あらすじ

著者のクラスイギリスで勃発した「EU離脱」問題は、夫婦の友人たちの人生を大きく巻き込んでいく。団塊の世代である彼らが生きてきた背景や主張と、若者たちのそれを比較しつつ、おっさん(たまにおばさん)たちの悲喜こもごもな生き様を綴るエッセイ。

波乱万丈な人生を歩む、あるおっさんの話

1965年生まれのレイは、仕事によるストレスから酒量が増え、妻子に逃げられました。そこから体調を整え、職場復帰。何と30代の子持ち女性と結婚。働く彼女に変わり、自分の仕事をやめて育児に専念すること7年。しかし次第に二人の認識の差が広がっていき、別れてしまいます。その事実を淡々と受け入れるレイ。

まとめ

労働問題、医療保障問題など、そこには見た目は大きく立派だけれど、少しずつ傾き出しているイギリスの姿があります。イギリスの良き時代を生きたおっさんたちは、国に期待し、裏切られながらも信じてしまう、素直な一面を持っています。

頑固で面倒で、愛すべきおっさんたち。そんなおっさんたちを通してイギリスの「現在」を見せてくれるエッセイです。

<こんな人におすすめ>

イギリス労働者階級のおっさんたちの日常をのぞいてみたい
EU離脱の時のイギリス国内の様子に興味がある
ブレイディ みかこのファン

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


にほんブログ村


書評・レビューランキング イラストブックレビュー制作動画

コメント