古い洋館で起こるポルターガイストの正体とは

『ゴーストハント2 人形の檻』   小野 不由美 (著)  角川文庫

あらすじ

心霊現象の調査を行う渋谷サイキックリサーチに、ある依頼が舞い込んだ。引っ越した洋館でものが消えたり、移動したりするという。

アルバイトの麻衣は所長のナル、助手のリンとともに調査すべく現場へと向かう。

洋館で起こる怪異現象の正体は

立派な洋館の主人は海外におり、不在、後妻の香奈、前菜の娘の礼美、依頼者で家主の妹・典子、通いのお手伝い・柴田で過ごしています。

引っ越してきてから、ものが消えるなどの不可解な出来事が。麻衣たちがやってくると、その現象は次第に規模が大きくなってきて…。

まとめ

今回は、科学的にも例の存在を早々に認めているナル。前回のお騒がせ霊能者メンバーたちも再び集まり、除霊を行います。

しかし、手応えがあってもまた現れ、次第にその力をましていくかのようにも見える霊。その正体と目的は一体何なのか。

真実にたどり着いた時、この恐ろしい現象は、哀しさや苦しみを纏った者の心の叫びであることを知るのです。そんな死者にそっと心を寄せたくなるような物語です。

<こんな人におすすめ>

ポルターガイストを描いた話に興味がある
パワフルな霊と戦う霊能者たちの物語を読んでみたい
小野 不由美のファン

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


にほんブログ村


書評・レビューランキング イラストブックレビュー制作動画

コメント