ことばが紡ぎ出す 食卓の空間

のこ
のこ

お弁当と言えばおにぎりかしら。

ぬこ
ぬこ

おにぎりといえばシャケだな。いやタラコか。

うう〜 迷うな〜。梅干しは苦手だけど。

のこ
のこ

どちらもなかったので梅干しにしたわ。

ぬこ
ぬこ

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

のこ
のこ

(ショック受けすぎでしょ)

こちらは子供のころのお弁当や出かけた先での食事など

食にまつわる思い出を描いたエッセイよ。

『ことばの食卓』  武田 百合子 (著),‎ 野中 ユリ (イラスト) ちくま文庫

あらすじ

食べ物に関する昔の記憶や、思い出を感性豊かな文章で綴るエッセイ集。

懐かしくてあたたかな「食」の風景を綴る

夫婦の食卓、子どもの頃のお弁当、デパートで食べたオムレツ、サーカスの客席から漂うおでんやうどんの匂い。様々なシーンで登場する食べ物が、人物の行動を彩ります。

著者が子どもの頃に食べた、アルミニュームの弁当箱に入ったご飯。

猫ご飯であれば嬉しくて、鱈子かコロッケがあれば「ああ、嬉しい」と感じている少女の風景は、セピア色の写真を眺めているかのような、静かで穏やかな空気が流れています。

エッセイでありながら、物語のように感じる作品です。

まとめ

直接的な感情表現ではなく、細かく豊かな状況描写により、人物を取り巻く風景、感情、景色まで見えてくるようなエッセイ集です。

のこ
のこ

お弁当箱のフタを開ける時の

ワクワク感を思い出すような

懐かしい気持ちになるわね。

ぬこ
ぬこ

シャケかタラコが

良かったんだよ(*ノω`゚)。シクシク

のこ
のこ

(しつこい…)

こんなことも「食の思い出」として

残っていくのかもしれないわね。

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

にほんブログ村

書評・レビューランキング



コメント