「何か」と闘いながら働き続ける人へ

ぬこ
ぬこ

弟の職場がブラックらしいんだよな…

心配だな。

のこ
のこ

どんな職場なの?

ぬこ
ぬこ

食事や縄張り争いで常にピリピリしているらしい。

気も抜けないから疲れているようだし(ノ_-;)ハア…

のこ
のこ

(…野良猫なのかしら?)

こちらはお客様相談室に飛ばされた

大変な状況にあるサラリーマンを

描いたお話よ。

『神様からひと言』  荻原 浩 (著)  光文社文庫

あらすじ

大手広告代理店を辞め、漬け物やインスタントラーメンなどの製造・販売を行う食品会社「珠川食品」へ再就職した佐倉涼平。

入社早々、上司との間でトラブルを起こし、リストラ要員収容所と言われている「お客様相談室」へと異動、クレーム処理に奔走する。

しかし、同棲していた彼女にも逃げられてしまっていた。そんな彼の奮闘ぶりを神様は見てくれているのか!?

上司とトラブルの末にリストラ要員収容所の部署へ異動

若い頃バンド活動をしていて、若気の至りで肩にタトゥーを入れた涼平は、27歳の今でもカッとなりやすい部分が。それゆえ上司とトラブルとなってしまい、お客様相談室へ異動となります。

他部署でやらかした者、病んでいる者、暇さえあればギャンブルに行きまくる者など、場末感漂う面々です。相談室にかかってくる電話もクレームから恐喝まがいのものまで、実に様々です。

鮮やかに、したたかに対応する先輩の姿をみながら、涼平は会社のある「部分」に気づくのですが…。

まとめ

理不尽な会社での日常から、涼平は少しずつ学びとり、自分のものにしていきます。ギリギリのところで走り続ける涼平を、神様はきっと見ていたのでしょう。

「生き方」の答えは一つじゃない。そんなことを教えてくれる感動の物語です。

<こんな人におすすめ>

仕事が辛いと感じる日々を送っている
元気をもらえるような話を読みたい
荻原 浩のファン

伊藤淳史さん主演で映画化されていました。

神様からの一言

ぬこ
ぬこ

時に牙を剥くことも必要だな!

でもあいつ気が弱いんだよなあ…。

のこ
のこ

サラリーマンの悲哀を描きつつ

どこかユーモアが漂う雰囲気で読みやすいわ。

自分を貫く姿勢には感動するわね。

ぬこ
ぬこ

「自分を貫く」か…。あいつなら苦労しながらも

子猫達とうまくやっていけるかもしれないな。

のこ
のこ

(子猫との生活ってブラックなの!?)

(それってぬこだけなのでは…?)

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

にほんブログ村

書評・レビューランキング

コメント