女ゆえに、女だからこそ得られる大きな幸せと試練

ぬこ
ぬこ

5巻キタ━(゚∀゚)━!

のこ
のこ

あら。『あきない世傳 金と銀』

シリーズのファンなの?

ぬこ
ぬこ

おう!幸が問題解決するところを

読むとスカッとするぜ!

のこ
のこ

この五作目は、幸を支える

夫・智蔵、妹・結とともに

商売のアイデアと事業拡大について

必死に考えていくお話よ。

ぬこ
ぬこ

幸ーーーー!!

頑張れー(っ`・ω・´)っフレーフレー!!!

『あきない世傳 金と銀(五) 転流篇』 髙田郁 (著) 時代小説文庫

あらすじ

大阪天満の呉服商、五鈴屋の六代目店主の女房となった幸。夫・智蔵の理解のもと、奉公人らと心をひとつにして商いを広げていく。だが、そんな幸たちの前に新たな試練が待ち受けていた。

幸を見守っていてくれた義母である富久の死、そして五鈴屋よりも大きな規模を持つ桔梗屋の買い受け、けんめいに編み出した販売アイデアを真似される。様々なトラブルが起こる中、幸は額にこぶしを当てて、ひたすら考えます。まさにあきらめる事を知らない、戦士のようです。

まとめ

そんな幸を支えるのは、幸を守り、バックアップしたいと強く願う夫・智蔵と、一緒に暮らせる事となった妹・結。表から影から支えてくれる彼らの協力を得て、さらに止まる事なく新しい領域へと目を向け、進んでいく幸に注目です。

<こんな人におすすめ>

江戸時代に、商いで戦う女性の姿に興味がある
強いだけでなく、しなやかで賢い女性の話を読みたい
『あきない世傳』シリーズのファン

ぬこ
ぬこ

おお!五十鈴屋が大きくなっていくのは

素晴らしいな!

のこ
のこ

幸は今後どのような方向に

舵を切っていくのかしら。

楽しみね。

過去のレビューはこちらからご覧いただけます。

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

にほんブログ村

書評・レビューランキング



コメント