その愛は絶望と悲しみに満ち狂気となって溢れ出す

のこ
のこ

幸せの絶頂から一夜にして

どん底に落ちてしまったとしたら

どうする?

ぬこ
ぬこ

いやあ そりゃ大変だろ

自分だったら立ち直れるかどうか…。

のこ
のこ

こちらは事故で息子を亡くした母親と

失踪した息子を探し出そうとする母親、

そしてこの2つの事件がつながりを

見せていくミステリーよ。

ぬこ
ぬこ

一見なんの関係もなさそうに見える

二つの事件がどんな風に繋がって

いくのかな。

『あの日、君は何をした』 まさきとしか (著) 小学館文庫

あらすじ

息子の大樹が高校に合格し、家族四人そろってお祝いして、幸せを感じていた主婦・水野いづみ。しかし、大樹が連続殺人事件の容疑者に間違われて事故死した事で、これまでの生活は一変する。

十五年後、若い女性が殺害された事件が発生し、重要参考人の百井辰彦が行方不明になる。辰彦の母親は必死で息子を捜そうとするのだが…。

息子の死によって環境が激変

母親に愛され、高校入学を控え希望に満ちていたはずの大樹は、夜中に家を抜け出し自転車に乗っていたところ、警察の車にはねられ死亡。やましいことがあるから逃げたのだと世間から責められ、いづみの様子が少しずつおかしくなって行きます。

不良でもない息子はなぜそんな時間に家を出たのか。そして十五年後に起こった女性殺害事件。不倫相手の辰彦は行方不明。ぼんやりとした妻の野々子に苛立ち、辰彦の母は息子を見つけるために駆けまわります。

まとめ

一見無関係に見える二つの事件。母親の「息子への愛」をベースとして進行し、そのつながりが明らかになった時、強い衝撃を受けます。どこまでも深く、決して涸れることのない母の愛。そしてそれを受ける側の、息子の真意がわからない、声が聞こえない絶望と悲しみが波のように寄せては返す物語です。

<こんな人におすすめ>

母の愛が狂気へと変化していく物語に興味がある
二つの事件がつながっていく構成が見事なミステリーを読んでみたい
まさきとしかのファン

ぬこ
ぬこ

(; ゚ ロ゚)ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!!

衝撃の結末!!

のこ
のこ

母の愛は深すぎて時に

そこが見えなくなるほどね。

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

にほんブログ村

書評・レビューランキング

コメント