死の淵から戻ってきたら、人生をやり直せるのか

のこ
のこ

こちらは患者の心の声が

聞こえる聴診器を手に入れた

医師のお話しよ。

ぬこ
ぬこ

おっ 『後悔病棟』の続編だな?

前回とは違う医師が患者の心の声を

聞くわけか。

のこ
のこ

そうなの。患者は余命宣告を受けるような

状況から、治験によって回復した人たちよ。

ぬこ
ぬこ

そりゃよかったじゃないか!

回復したらいいことがあるんじゃ…ないの?

『希望病棟』  垣谷 美雨 (著) 小学館文庫

あらすじ

二十九歳の女医、黒田摩周湖は、中庭で聴診器を拾う。先輩のルミ子に促され、この聴診器を使うと患者の「心の声」が聞こえてきた。この聴診器を使うことで、自分の担当する末期癌患者の生い立ちや現況、そしてその思いを聞いた摩周湖だが…。

患者の心の声が聞こえる聴診器を拾った、医師の摩周湖

思った事をうまく相手に伝えることができず、相手を不快な気持ちにさせてしまう摩周湖。そんな彼女は中庭に落ちていた聴診器を拾います。これを使うと患者の心の声が聞こえるのです。

彼女の患者である16歳の桜子は養護施設で育った女の子、表面上は素直な少女ですが、心の中では誰も信じられないと考えています。もう一人の患者である36歳の貴子は上品な見た目ですが、議員である夫や姑を嫌悪しています。

末期癌だった二人の患者は治験を受け快方に向かいます。しかし退院した二人を待ち受けるのは厳しい現実でした。

まとめ

貧困、養護施設出身者への差別、議員夫人としての役割。一見すると現況から脱することは困難にも思えます。そこから歩む道を見つけた貴子の行動力、桜子の努力に勇気をもらえる物語です。

<こんな人におすすめ>

末期ガンから回復した女性たちを描いた物語を読んでみたい
貧困の現実と、そこから乖離した政治家との感覚を描いた話に興味がある
垣谷 美雨のファン

ぬこ
ぬこ

自分の人生を変えることが

できるかどうかは

自分次第なんだな。

のこ
のこ

彼女たちの決断や行動力に

勇気がもらえるわね。

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

にほんブログ村

書評・レビューランキング

コメント