泣きたい夜のお供にどうぞ

のこ
のこ

こちらは亡くなってしまった

大切な人と会えるという

「ちびねこ亭」のお話、第二弾よ。

ぬこ
ぬこ

おっ 泣けるんだよなあ。

今回はどんな人たちが

やってくるのかな。

のこ
のこ

恋人からのプロポーズに

悩む女性や、劇団の主催者などね。

ぬこ
ぬこ

おっ 前回登場した人物も

いるんだな。

何気に料理もおいしそうで楽しみだ。

『ちびねこ亭の思い出ごはん 三毛猫と昨日のカレー』  高橋 由太 (著) 光文社文庫

あらすじ

千葉の内房にある、小さな看板猫がいる食堂「ちびねこ亭」。この店は死者と再開できるという。恋人からプロポーズを受けた女性は、亡くなった母へ会いに、そして劇団の主催者は息子に会うため、ちびねこ亭を訪れる。

亡くなった母に会うために「ちびねこ亭」にやってきた凪

「ちびねこ亭」では、生前亡くなった人との間にゆかりのあった料理、いわゆる「陰膳」を出します。料理が運ばれてくると、湯気が出ている間だけ、故人と話すことができるのです。五歳の頃、母親を病気で亡くした凪は、二十歳という若さで余命五年の宣告をされます。

そして恋人からのプロポーズを受け、自分の余命を考え、悩みます。亡くなった母なら何と言うだろうか。自分と同じように余命の宣告を受けた母なら…。ちびねこ亭で凪に運ばれてきたのは「味噌漬け豆腐」。五歳の頃は辛くて食べることができなかった、黒胡椒をかけた豆腐を味わっていると、そこに母の姿が。

まとめ

亡くなった人たちは、今の自分たちに大切なメッセージをくれます。それは「生きてほしい」「愛している」ということ。何だか泣きたい気分の夜に手にとってみてください。読めば涙が溢れ、温かな充足感に満たされる物語です。

<こんな人におすすめ>

死んだ人に会えるカフェに興味がある
愛を感じる、感動の物語を読んでみたい
高橋 由太のファン

ぬこ
ぬこ

味噌漬け豆腐、つまみにピッタリだって

飼い主が騒いでいるぞ。

つまんで読みながら泣いてる…

のこ
のこ

温かな涙につつまれて、

そして明日へ向かう力を

与えてくれるような物語ね。

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

にほんブログ村

書評・レビューランキング

コメント