崩壊国家の中の「平和」の謎に迫る!!

のこ
のこ

こちらは国の中に独立国家がある

という「ソマリランド」を取材した

ルポルタージュよ。

ぬこ
ぬこ

国の中に国がある!?

なんとも不思議な状況だな。

のこ
のこ

そうね。周囲は紛争が続いて

いるのだけど、その独立国家は

武器を持たず、問題も話し合いで

解決されるの。

ぬこ
ぬこ

えーっ そんなことが可能なのか?

ますます謎だな…

『謎の独立国家ソマリランド』  高野秀行 (著) 集英社文庫

概要

崩壊国家と言われるソマリアの中で、奇跡的に平和を達成しているという、独立国家ソマリランド。何故、国の中に独立国家ができたのか。

紛争が続く周辺において、何故この国だけが平和を維持することができるのか。謎と危険をはらんだエリアに飛び込み取材をした、衝撃のルポルタージュ。

複雑極まるソマリのお国事情

国の中に、独立国家がある。周囲には銃を持った人間が街を歩いており、街中で銃撃戦も起こるというのに、こおのソマリランドでは誰も銃を持たず、問題が起こると話し合いによって解決されるという…。

これだけ話を聞くとにわかには信じられませんよね。著者もそうした思いから、1度目は相棒を伴い、2度目は単身、ソマリランドへと向かいます。

旧ソマリランドは「民主主義国家」のソマリランド、「海賊国家」のプントランド、「リアル北斗の拳」(いくつかの武装勢力が争っている)の南部ソマリアの3つのエリアに分かれます。

基本的には氏族間の戦いとなっており、それも、もともとの力関係や、現在のエリアでの利権などが複雑に絡んでいるのですが、各氏族を日本の武将になぞらえて、わかりやすく解説しています。

まとめ

民族性や考え方など、予想もつかない状況の中からの根拠ある推測と裏付けは、現地にとことん入り込んだゆえの成果でしょう。命の危険ととなりあいながらも、時に笑いを交えつつ、複雑な紛争事情をわかりやすく伝えてくれるルポルタージュです。

<こんな人におすすめ>

紛争国家の中に平和な独立国があることに興味がある
ソマリランドの紛争の詳細や人々の暮らしぶりに興味がある
高野秀行のファン

ぬこ
ぬこ

素晴らしい!!こんな複雑な

事情をこんなにもわかりやすく

解説してくれるなんて!!

のこ
のこ

緊張感のある現場だけれど

ユーモアを交えながら、そして

彼らの熱気や人間性などが

よく伝わってくるルポルタージュね。

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

にほんブログ村

書評・レビューランキング