互いに影響し合う彼女たち

のこ
のこ

こちらは、ある繋がりを持つ

3人の女性を描いた物語よ。

ぬこ
ぬこ

女性3人?友情かなんか?

のこ
のこ

殺人事件が介在する、友情や

嫉妬などが絡まる、複雑な

関係なの。

ぬこ
ぬこ

殺人事件!!なんでそんな

ことになったんだ??

気になるな。

『インフルエンス』  近藤 史恵 (著) 文春文庫

あらすじ

ある女性作家の元に届いた一通の手紙。そこには「私と友達2人の関係について話を聞いてほしい」とあった。

その内容は、彼女たち3人の幼い頃から中学生、高校生を経て、やがて大人になったときの関わり方や出来事について。

驚くべき青春時代を送った彼女たちは、さらに大人になって再開を果たす。

複雑に絡み合う3人の関係

語り手である友梨は、小学二年生の頃、同じ団地に住む親友の里子が虐待されていることを知るが、よく理解できず、里子を助けることもできないまま、彼女と疎遠になっていきました。

中学でできた友達、真帆が何者かに襲われそうになっているところを発見し、友梨_は男を刺してしまいます。翌日、なんと里子が男を刺したために警察へ行ったと知り、混乱する友梨。

一年後、学校へと戻ってきた里子は、友梨にあるお願いをするのでした。

まとめ

3人の友情や嫉妬が奇妙にねじれて、事件の姿を見えにくくしています。ただ、彼女たちは自分の価値観でいき、その行く手を阻むものがいれば排除して進んでいく。それは互いの存在があるからこそ、湧いてくる力なのかもしれません。

<こんな人におすすめ>


女の友情や嫉妬が複雑に絡み合うミステリーを読んでみたい
予想外の殺人を描いたミステリーに興味がある
近藤 史恵のファン

ぬこ
ぬこ

結局、直接ではないけれど

誰かのために自分の手を

汚しているんだな。

のこ
のこ

自分たちの行く手を阻む者は

排除していく、という強さを

持った女性たちとも言えるのかも。

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

にほんブログ村

書評・レビューランキング