仕事が、悲しみに沈んだ心を救ってくれる

のこ
のこ

こちらは「あきない」世傳

シリーズ第6弾。幸の夫、

智蔵が病に倒れてしまうの。

ぬこ
ぬこ

理解ある夫とようやく

幸せに暮らし始めたところなのに…

智蔵、よくなってほしいなあ。

のこ
のこ

幸は、智蔵と約束した

江戸への出店を果たすべく

準備をしていくの。

ぬこ
ぬこ

そうだなあ。

江戸で活躍する幸の姿も

見たいんだよな。

『あきない世傳 金と銀(六) 本流篇』髙田郁 (著) 時代小説文庫

あらすじ

大坂天満で呉服商を営む「五鈴屋」は幾多の危機を乗り越え、江戸店出店への準備を進めていた。

そんな中、六代目店主の智蔵が病に倒れてしまう。

女房の幸は智蔵との約束を果たすべく、立ちあがった。

幸を愛しみ、幸が目指すことに対して良く理解し、全面的にバックアップしてくれていた智蔵が病に倒れ、命を引き取ります。

大坂では女性が店を継ぐことが禁じられています。

二人には子もおらず、店主に適当な人物も見当たらない中で、幸は五鈴屋の暖簾を守れるのか。

そして江戸の店を小さく産んで大きく育てるという智蔵との約束は果たせるのか。

まとめ

これまでの実績が認められた幸は、周囲に助けられ、一つずつ困難を乗り越えていきます。

商いについて思考をこらすときめきは、哀しみに沈む幸の心を救ってくれるのです。

哀しみと隣り合わせの日々から人間性にも深みが出てきたこれからの幸に注目です。

<こんな人におすすめ>

大坂呉服商人がどのように江戸で展開するか興味がある
哀しみを乗り越え、商売に力を入れる女性の話を読みたい
髙田郁のファン

ぬこ
ぬこ

幸ぃ〜〜〜〜

応援してるよぉぉ〜〜o(T◇T)oオオオン

のこ
のこ

大坂と江戸の違いをどのように

学び、活かしていくのか。

これからが勝負ね。

『あきない世傳』シリーズのイラストレビューは、こちらからもご覧いただけます。

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

にほんブログ村

書評・レビューランキング