麦本三歩は不器用であり、幸せの達人でもある

のこ
のこ

こちらは図書館で働く

ある女性の日常を描く

物語よ。

ぬこ
ぬこ

ほほう。図書館で働いているんだ。

どんな女性?

のこ
のこ

よくミスをしたり、喋るときに噛んだり

天然なところがある。叱られても食べ物の

ことを考えると元気が出るような女性よ。

ぬこ
ぬこ

それはある意味幸せだな。

『麦本三歩の好きなもの 第一集』 住野 よる (著) 幻冬舎文庫

あらすじ

図書館に勤める麦本三歩は、喋るときに噛む、よくつまづく、いろいろミスをする。

担当の先輩にビシビシと叱られながらも、食べるものを想像すれば幸せな気分になれる。

歩くことが好き、食べることが好き。お気に入りのものに囲まれた、何も起こらない日常の、なんとなく幸せな日々を描く。

本が好きで、図書館で働く三歩は、指導係の怖い先輩からいつも叱られています。

叱られない日はほぼなし。やさしい先輩からやさしい言葉をかけられ復活し、おかしな先輩からおかしな言葉を投げられ混乱する…。

天然で小動物のようにオタオタする三歩のお楽しみは、食べること、歩くこと、寝坊すること…など日々のなかにたくさんあります。

頭の中の妄想がポロっと出てきてしまうことも。

まとめ

仕事をして、帰って食べて、寝て。叱られても食べ物を思い浮かべれば笑みが漏れる。

そうしてちょっぴり特別な、いつもと違う出来事も時には起こります。

怠け者だったりおっちょこちょいな部分を持つ三歩ですが、日常に転がる「幸せ」を見つけ、感じる達人でもあります。

目の前の幸せをしっかり感じ取れる三歩は、人生の達人、とも言えるのかもしれませんね。

<こんな人におすすめ>

なんでもない日常を描く物語を読んでみたい
幸せを感じる達人の物語に興味がある
住野 よるのファン

ぬこ
ぬこ

日常に幸せは転がっているんだよなあ。

のこ
のこ

そのことを日々実感できている

三歩は人生の達人なのかも

しれないわね。

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

にほんブログ村

書評・レビューランキング