血の匂いがする館で疾走する霊能者たち

のこ
のこ

こちらは怪異現象を調査する

「ゴーストハント」シリーズの

第5弾よ。

ぬこ
ぬこ

待ってました!!

今度はどんな調査をするんだ?

のこ
のこ

人が住んでいない洋館で

次々と人が消えていくの。

そしてこの館には血の匂いがして…

ぬこ
ぬこ

ひええぇ(°◇°;)

今回も怖そう〜〜

『ゴーストハント5 鮮血の迷宮』 小野 不由美 (著) 角川文庫

あらすじ

高校二年生の麻衣がバイトをしている「渋谷サイキックリサーチ」に、所長である渋谷一也、通称「ナル」の師匠だという女性、まどかから調査依頼が入る。

森の中に立つ洋館で、人が行方不明になるという出来事が起こり、怪奇現象なのかどうかを調べて欲しい、と言う。

ナルたちのほかにも霊能者や心霊研究者たちが招集され、それぞれに調査を始めたが、館にいる人間が姿を消しはじめて…。

人が住んでおらず「幽霊屋敷」と呼ばれている洋館、美山邸。

肝だめしにやってきた若者の一人が失踪し、行方不明に。創作した消防署員も1名行方不明となり、いまだ見つかっていない。

建物は人が住んでいなかった期間も増築しており、複雑で奇妙なレイアウトになっています。

建物の調査自体に苦戦する麻衣たち。

霊能者の真砂子は「血の匂いがする」と…。

そして調査にやってきたメンバーが一人ずつ姿を消してしまうのです。

とうとう真砂子までも。

まとめ

意味不明な増改築を繰り返す謎。

人嫌いで体の弱かった先代。

そして霊能者といっても様々な種類や降霊の方法があること。

多くの情報で読者の好奇心を満たしつつ、人が失踪していく事件の真実へと近づいていきます。

血塗られた思念は、いくら増築を重ねても閉じ込めておくことはできない。

そんな風に感じる物語です。

<こんな人におすすめ>

増築を繰り返す奇妙な家の謎に興味がある
「ゴーストハント」シリーズのファン
小野 不由美のファン

ぬこ
ぬこ

怪異現象の影には声を出せなかった

人々の恐怖が潜んでいるんだな…

のこ
のこ

怪異現象の種類や霊能者のタイプなど

いろんな情報も学べるわね。

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

にほんブログ村

書評・レビューランキング