自由すぎる老人登場で新たな世界の扉が開く

のこ
のこ

こちらは「親王殿下のパティシエール」

シリーズ第四弾よ。清国で有名な詩人で、

グルメでもある老人、袁枚(えんがい)が

登場するのよ。

ぬこ
ぬこ

グルメ文化人ね。そりゃあマリーのことを

気にいるんじゃないのか?

のこ
のこ

ところが、なかなか

そういうわけにもいかないの。

そして新しく雇われた厨士も

周囲から妬まれたりしているようなの。

ぬこ
ぬこ

新しいことが始まると

衝突はつきものだよなあ。

マリーは袁枚やその厨士とどんな風に

やっていくんだろうな。

『親王殿下のパティシエール(4) 慶貝勒府の満漢全席』

篠原 悠希 (著) ハルキ文庫

あらすじ

清の第十七皇子・永璘お抱えの糕點師見習いとして北京で働く仏華ハーフのマリー。ようやく謹慎が解かれ、新しい厨房で働きはじめることに。

永璘の意向で新たに雇われた江南の厨士、超有名なグルメ詩人・袁枚が登場し、慶貝勒府は賑わう。

そして若き「親王」も現れて…。

結婚して慶貝勒府を出た同僚を訪ねた帰り道、マリーは1人の老人とぶつかります。

老人は、厨士であるマリーに、甥が王府の厨房で働いているかを確認したいこと、西洋の点心を味わいたいことを伝えます。

老人は食通であり、清国でとても有名な詩人、袁枚でした。

永璘は早速袁枚を招待し、滞在させます。

マリーは袁枚のためにフランス菓子を作り、提供しますが、袁枚の怒りを買ってしまい…。

また、新たに雇われることになった江南の厨士・大河。

北京にはない美味しい料理を作りますが、しきたりや料理の作り方の違いなどに困ることもある様子。

周囲の厨士も彼をやっかんでいるようにも見えるのですが。

まとめ

敷地の外に出て、町の人々が食べるものを口にしたり、袁枚から様々なことを教わり見識を広げ、お菓子づくりにつなげていくマリー。

新たな王の登場でマリーに何が起こるのか。

マリーの「これから」に第注目の物語です。

<こんな人におすすめ>

フランス人パティシエールが清国で活躍する話を読んでみたい
『親王殿下のパティシエール』シリーズを読んでいる
篠原 悠希のファン

ぬこ
ぬこ

出会いもトラブルも、みんな自分の

肥やしにしているところが

マリーのすごいところだな。

のこ
のこ

屋敷の中で技術を深めていた

マリーだけれど、それが外に

広がっていく予感を感じさせるわね。

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

にほんブログ村

書評・レビューランキング