nuko

イラストブックレビュー

開かれた穴の闇から放たれたものは何なのか

『騎士団長殺し 第2部: 遷ろうメタファー編(上)』村上 春樹 (著) のイラストブックレビューです。肖像画のモデルとなった少女、まりえは雑木林の秘密の道を通って、山荘へやってくる。屋根裏に隠された絵と「私」の描いた絵が奇妙な呼応を見せる。
イラストブックレビュー

あたたかくユーモラスに描かれた「運」のお話

『強運の持ち主』瀬尾 まいこ (著) のイラストブックレビューです。営業時代に鍛えた話術を活かし、占い師へと転身したルイーズ吉田こと吉田幸子。ショッピングセンターの片隅で、悩みを抱える人の背中を押す。
イラストブックレビュー

死神はあなたのすぐそばにいるかもしれない

『死神の精度』伊坂 幸太郎 (著)のイラストブックレビューです。死神の仕事は、対象者を1週間調査すること。その結果が「可」であれば担当部署へ報告し、八日目に対象者に何らかの形で死が訪れる。その死を見守り、任務終了。クールでちょっと奇妙な死神・千葉は様々な対象者と関わり、調査を行う。
イラストブックレビュー

言葉にできないものを言葉にしてくれるエッセイ

『二度寝とは、遠くにありて想うもの』津村 記久子 (著)のイラストブックレビューです。国籍を問わず道を尋ねられる「道訊かれ顔」を持ち、布団が好きすぎるあまりついには話しかけ、「いい年」という言葉に萎縮する。庶民派・芥川作家が綴る、味わい深い日常エッセイ。
イラストブックレビュー

接続詞をマスターして「伝わる」「読ませる」文章に

のこ こちらは文章が格段と 良くなる「接続詞」の使い方を 解説した一冊よ。 ぬこ 接続詞って大切なもんなの? のこ 文と文をつなぐ、そして誘導する 大切な役割を持っているわ。 使い方のコツを覚えるこ...
イラストブックレビュー

数理論理学で推理を「検証」すると・・・?

『恋と禁忌の述語論理』井上 真偽 (著)のイラストブックレビューです。女子会で起こった事件は、果たして事故か、殺人か。そして、その犯人は?大学生の森帖詠彦と母方の叔母の硯(すずり)は数理論理学を用いて「毒殺」か、「事故死」かを証明することができるのか。
イラストブックレビュー

そのホテルにはいろんな人生の「瞬間」がつまっている

『ホテルローヤル』桜木 紫乃 (著) のイラストブックレビューです。北国の湿原を背にするラブホテル、「ホテルローヤル」。「非日常」を求める男女が訪れ、何かを得、また失い帰っていく。
イラストブックレビュー

自分の居場所を「作る」と決意した娘の物語

『跡とり娘 小間もの丸藤看板姉妹』宮本紀子 (著)のイラストブックレビューです。江戸は日本橋伊勢町の小間物商「丸藤」は紅やおしろい、櫛やかんざしを売る大店。「丸藤」には二人の娘がおり、幼い頃病弱であったために品川で暮らしていた姉の里久が戻ってきた。
イラストブックレビュー

彼女がまいた奇跡で世界は光に包まれる

『まく子』西 加奈子 (著)のイラストブックレビューです。小さな温泉街に住む小学五年生の男子、慧は日々成長して行く女子たちや自分の身体に恐れを感じていた。そんな時に「コズエ」がやってきた。
イラストブックレビュー

マシなほうを選ぶしかない日本の未来とは

『エージェント-巡査長 真行寺弘道』榎本 憲男 (著) のイラストブックレビューです 。令和初の総選挙では、首相の経済政策を批判する、二世議員が率いる新党が大きく議席を伸ばした。飲み屋で起こった、政治の話題から発展した客同士の騒ぎの現場に居合わせた真行寺は、知らぬうちに日本経済の裏側を覗き見るハメに…。