nuko

イラストブックレビュー

父との因縁により追い込まれた窮地から抜け出せるか

『因縁』福田 和代 (著) のイラストブックレビューです。ある中古車販売店で知り合った謎の中年男性クロエから金塊強盗に誘われた二十二歳の葉山和之。金塊強盗の当日、待ち合わせの場所へやってきた葉山が見たのは、車の中で死体となっていたクロエ、そして奪ったはずの金塊が消えた空っぽの車内だった…。
イラストブックレビュー

そうきたか!思わず唸る 事件も謎も仰天の昔話ミステリ

『むかしむかしあるところに、死体がありました。』青柳 碧人 (著) のイラストブックレビューです。あの昔話がミステリーに!?「一寸法師」「花咲かじいさん」「つるの恩がえし」「浦島太郎」「桃太郎」の5編の昔話をベースに事件発生。
イラストブックレビュー

どこに着地するのか見当つかず。女たちよ、どこへ行く!?

『わたしたちに手を出すな』ウィリアム・ボイル (著)のイラストブックレビューです。未亡人のリナは、言い寄ってきた老人を灰皿で殴り倒し、娘の家へと逃げ込むが、ほぼ絶縁状態だった娘は家の中に入れてくれない。途方にくれるリナに声をかけたのは、向かいの家に住む女性、エイドリアン。
イラストブックレビュー

ゆるやかにはじまる かけがえのないつながり

『ライフ 』小野寺 史宜 (著)のイラストブックレビューです。やりたいことも特に見つからず、コンビニのバイトをしながら、大学時代から住んでいるアパートで一人暮らしをしている幹太。静かな日々を送っていた幹太だが、上の部屋に越してきた男が騒がしい音を立てる。
イラストブックレビュー

あなたはこの物語の世界から抜け出せるか

『熱帯』森見 登美彦 (著) のイラストブックレビューです。作家・森見登美彦は友人とともに「沈黙読書会」なるものに参加。会場にはかつて読んだことのある小説「熱帯」を持った女性がおり、「この本を最後まで読んだ人間はいないんです」と言う。
イラストブックレビュー

干支にまつわる十一の神社に守られた街の事件とは

『矢上教授の夏休み』森谷明子 (著) のイラストブックレビューです。東京から二時間足らず、十二支を祀った神社にぐるりと囲まれた街、こぶし野。この街をテーマにレポートを作成しようとやってきた大学生の咲。駅のベンチでうたた寝をしてしまった咲は、不思議な言葉を耳にする。
イラストブックレビュー

自分こそが「犯人だ」と思う人間が7人もいる!?

『私という名の変奏曲』連城 三紀彦 (著)のイラストブックレビューです。モデルとして世界的な活躍をしていた美織レイコが、自宅マンションで死体となって発見された。彼女を殺す動機を持つのは7人の男女。彼らはそれぞれが自分がレイコを殺したと思い込んでいた。
イラストブックレビュー

全てがつながり、巻き込まれ、そしてまた生まれ出る世界

『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』大島 真寿美 (著)のイラストブックレビューです。江戸時代の大坂・道頓堀。穂積成章は父から近松門左衛門の硯をもらい、浄瑠璃作者・近松半二として歩み出す。書かずにはいられない半二の生涯と、現代に残る名作、「妹背山婦女庭訓」のほか、物語が生まれる様子を軽快な大阪弁で軽やかに、そして情熱的に描く。
イラストブックレビュー

人気作家の死の謎を解く鍵は遺作の中に

『カササギ殺人事件 下』アンソニー・ホロヴィッツ (著)のイラストブックレビューです。編集者のスーザンは、名探偵アティカス・ピュントシリーズ最新刊の結末部分を見つけるため、周囲の人々に話を聞いていくうちに、作家が遺したミステリーと、現実に酷似した部分があることに気づく。
イラストブックレビュー

武闘派毒舌JCの驚くべき過去とは

『偶然屋 2 ~闇に揺れるツインテール~ 』七尾与史 (著)のイラストブックレビューです。「オフィス油炭」は偶然を演出するプロのオフィス。ある一人の男性から人気映画と同じシチュエーションで、一目惚れした女性と出会いたい、という依頼を受ける。