ブックレビュー

ブックレビューです

ブックレビュー

おっぱいには未来が詰まってる

『おっぱい先生』泉ゆたか(著)のイラストブックレビューです。産後の母親たちがおっぱいの問題を抱えてやってくる「みどり助産院」。助産師の寄本律子は、母親たちの凝り固まったおっぱいと、心を優しくときほぐす。
ブックレビュー

清々しいまでの達観ぶりが光る「切ない」エッセイ

『実家が全焼したらインフルエンサーになりました』実家が全焼したサノ (著)のイラストブックレビューです。「切ない」人生を送ってきた著者の、クスリと笑えて、ハッとさせられるエッセイ集。
ブックレビュー

『人間に向いてない』苦しみは誰もが持っている

『人間に向いてない』黒澤いづみ(著)のイラストブックレビューです。異形性変異症候群と呼ばれる病に息子の優一がなってしまった。その時から母親である美晴の苦悩が始まった。
ブックレビュー

納豆でつながるアジアの歴史と文化

『謎のアジア納豆―そして帰ってきた〈日本納豆〉』高野 秀行 (著) のブックレビューです。タイ、ミャンマー、ネパール、インド、中国、ブータン、ラオスなど、アジアの広い範囲に渡って存在し、その形状も様々な納豆。冒険家、そしてノンフィクション作家である著者が納豆の謎に迫る。
ブックレビュー

世界的な感染症が起こった時の「もうひとつの日本」の姿

『首都感染』高嶋哲夫(著)のブックレビューです。中国で致死率60%という強毒性のインフルエンザが発生。猛スピードで全世界を襲うウィルスを防ぐことができるのか。検疫を突破し、首都に患者が発生したその時、生き残りをかけ空前絶後の「首都封鎖」作戦が始まった。
ブックレビュー

老人が指さした先にあるものとは

『天上の葦』上・下  太田 愛(著)のイラストブックレビューです。興信所を営む遣水と修司のもとに、奇妙な依頼が舞い込んだ。渋谷のスクランブル交差点で、天を指さしたあと絶命した老人がみたものは何だったのかを調べて欲しいというもの。一方、老人が亡くなった日、一人の公安刑事が姿を消す。非公式にこの刑事の捜索をすることになった相馬だが。二つの案件の裏に潜むものは何なのか。
ブックレビュー

冷戦下のベルリンと現代アメリカから浮かび上がる壮大な謎

『隠れ家の女』 ダン・フェスパーマン(著) 集英社文庫 あらすじ ベルリンの壁が崩壊する前の東ドイツで、CIAの職員として働いていたヘレン。彼女の仕事は、スパイ活動に使われる数件の隠れ家を管理すること。ある日、この隠れ...
ブックレビュー

家族が、日々の食卓が愛おしく感じられる物語

『母さんは料理がへたすぎる』 白石睦月(著)のブックレビューです。三年前に父を亡くした山田家では高校一年生の龍一郎が、三つ子の妹たちと働く母親の世話を一手に引き受けている。料理を作ることは嫌いではないけれど。悩んだり、守られたりしながらそれぞれが成長していく物語。
ブックレビュー

多彩な味わいを楽しむ料理アンソロジー

『注文の多い料理小説集』柚木麻子、伊吹有喜、井上荒野、坂井希久子、中村航、深緑野分、柴田よしき(著)のブックレビューです。7人の作家が個性豊かに「食」について描いたアンソロジー。
ブックレビュー

愛に気づけたその時が、最高に幸せな瞬間

『末ながく、お幸せに』あさのあつこ(著)のブックレビューです。新しい門出を迎える二人の結婚披露宴。参加した友人や親戚たちはお祝いのスピーチをしながら、幸せな二人を見ながら自分の生き方を振り返って行きます。夫婦、家族の絆を描く感動の物語です。