未分類

怖いけど懐かしくもある、もののけを追う珍道中

『逢魔が時に会いましょう』荻原 浩 (著) のイラストブックレビューです。大学四年生の高橋真矢は、アルバイトで民俗学者である布目准教授の助手を勤めることに。調査対象はなんと「座敷わらし」。子供が多くいる一般家庭に出没するという座敷わらしの姿を、真矢はビデオカメラで捉えることができるのか。
未分類

いるよねー、とうなずきたくなる「まったくもう」な人々

『二人の彼』 群 ようこ (著) のイラストブックレビューです。女子校の同窓会、会社を突然やめてしまった夫、三十五歳になった今でも弁当を作って持たせてくれる母、前妻と別れ、自分と結婚してくれた夫の真実。ちょっと面倒な、でもやっぱり大切に思う身近な人たちを描いた短編集。
未分類

己の生き方を自らの手でつかみとる女性たち

『政略結婚』高殿 円 (著) のイラストブックレビューです。加賀藩主の三女として生まれた勇。彼女は生後半年で利極どのとの結婚が決まった。激動の波の中、自らの手で自らの人生を切り拓いていく女性たちを描く。
未分類

「本に読まれない」ための「本の読み方」

『本を遊ぶ 働くほど負ける時代の読書術』小飼 弾 (著)のイラストブックレビューです。年間5000冊もの本を読破する書評ブロガーが、働くほど負ける今の時代における最適な読書法を伝授。
未分類

哀しみは日常のささやかな幸せに包まれる

『昨夜のカレー、明日のパン』木皿 泉 (著)のイラストブックレビューです。7年前に25歳という若さで死んでしまった一樹。遺された嫁のテツコと今も一緒に暮らす一樹の父・ギフが周囲の人と関わりながらゆっくりと一樹の死を受け入れていく物語。
未分類

進化型ミニマリストは常に変化し続ける

『手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法』ミニマリストしぶ (著) のイラストブックレビューです。お金や時間、人間関係など、不安を生み出す要素を取り除き、自分自身のための生き方を手に入れる。そのためのノウハウや考え方を解説。
未分類

あなたが最も輝く引き方のヒントがつまった本

『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』のイラストブックレビューです。才能とは、使うためにあるものです。人間の34の資質について、その強みと活かし方を解説しています。
未分類

悩みを力に変えていった偉人たち

『偉人もみんな悩んでいた』真山 知幸 (著, 監修), こざき ゆう (著, 監修)のイラストブックレビューです。「偉人」と呼ばれるスゴいことをした人は、どんなスゴい人間なのでしょうか?ところがいろんな偉人が悩みを抱えていたのです。彼らは何に悩み、どのような解決策を見出したのでしょうか。
未分類

働くって、生きるって、いろんなことが絡まりあっている

『とにかくうちに帰ります 』津村 記久子 (著)のイラストブックレビューです。今ひとつパッとしないフィギュアスケート選手を応援するとき、職場のおじさんが文房具を返してくれないとき、台風で帰路の交通手段がなくなって徒歩で帰るとき。強く、切なくなるほどに家に帰りたい、と思うのだ。
未分類

「感情に振り回される自分」から「状況を感じる自分」へ

『小さなことで感情をゆさぶられるあなたへ 』大嶋 信頼 (著) のイラストブックレビューです。不安、不機嫌、怒り。そうした感情は、実は他人によってゆさぶられているのです。そうした感情を暗示の力を使ってコントロールする方法を紹介します。
nukoをフォローする