ブックレビュー

ブックレビュー

世界的な感染症が起こった時の「もうひとつの日本」の姿

『首都感染』高嶋哲夫(著)のブックレビューです。中国で致死率60%という強毒性のインフルエンザが発生。猛スピードで全世界を襲うウィルスを防ぐことができるのか。検疫を突破し、首都に患者が発生したその時、生き残りをかけ空前絶後の「首都封鎖」作戦が始まった。
ブックレビュー

老人が指さした先にあるものとは

『天上の葦』上・下  太田 愛(著)のイラストブックレビューです。興信所を営む遣水と修司のもとに、奇妙な依頼が舞い込んだ。渋谷のスクランブル交差点で、天を指さしたあと絶命した老人がみたものは何だったのかを調べて欲しいというもの。一方、老人が亡くなった日、一人の公安刑事が姿を消す。非公式にこの刑事の捜索をすることになった相馬だが。二つの案件の裏に潜むものは何なのか。
ブックレビュー

冷戦下のベルリンと現代アメリカから浮かび上がる壮大な謎

『隠れ家の女』 ダン・フェスパーマン(著) 集英社文庫 あらすじ ベルリンの壁が崩壊する前の東ドイツで、CIAの職員として働いていたヘレン。彼女の仕事は、スパイ活動に使われる数件の隠れ家を管理すること。ある日、この隠れ...
ブックレビュー

家族が、日々の食卓が愛おしく感じられる物語

『母さんは料理がへたすぎる』 白石睦月(著)のブックレビューです。三年前に父を亡くした山田家では高校一年生の龍一郎が、三つ子の妹たちと働く母親の世話を一手に引き受けている。料理を作ることは嫌いではないけれど。悩んだり、守られたりしながらそれぞれが成長していく物語。
ブックレビュー

多彩な味わいを楽しむ料理アンソロジー

『注文の多い料理小説集』柚木麻子、伊吹有喜、井上荒野、坂井希久子、中村航、深緑野分、柴田よしき(著)のブックレビューです。7人の作家が個性豊かに「食」について描いたアンソロジー。
ブックレビュー

愛に気づけたその時が、最高に幸せな瞬間

『末ながく、お幸せに』あさのあつこ(著)のブックレビューです。新しい門出を迎える二人の結婚披露宴。参加した友人や親戚たちはお祝いのスピーチをしながら、幸せな二人を見ながら自分の生き方を振り返って行きます。夫婦、家族の絆を描く感動の物語です。
ブックレビュー

パリ、アート、おしゃれ、恋。ロマンティックが溢れる物語。

『ロマンシエ』原田マハ(著)のブックレビューです。アーティストの卵である美智之輔は、美大卒業後、パリへ留学。アルバイト先で長年愛読していた小説の著者に偶然出会う。著者が身を置いていていたリトグラフ工房にも心を奪われる美智之輔。様々な人や場所との出会いが、美智之輔の心を自由に羽ばたかせる。
ブックレビュー

医者の使命を疲弊させてはならない

『ディア・ペイシェント 絆のカルテ』南 杏子(著)のブックレビューです。「患者ファースト」を謳う佐々井記念病院の内科医を勤める千晶。様々な患者を看る中で、千晶に付きまとい、嫌がらせをする患者が現れる。なぜ千晶を狙うのか。そして、千晶が慕う先輩医師・陽子が抱える医療訴訟とは。
ブックレビュー

生きて朽ちていく姿から学ぶこと

『銀の猫』朝井まかて(著)のブックレビューです。嫁ぎ先に離縁され、「介抱人」として身を立てるお咲。お年寄りの身の回りの世話をするお咲は、きつい思いをしながらもある思いを胸に介抱人の仕事にのぞみます。
ブックレビュー

「なかったこと」になんてならない

『象は忘れない』柳広司(著)のブックレビューです。2011年3月11日。原発に関わる社員、避難先で差別に会う母子、トモダチ作戦に参加した米軍兵のPTSDなど、福島の原発事故に関わった人たちの事故前、事故当時とその後を描く短編集。