祥伝社文庫

イラストブックレビュー

その恋には、理由がある。

『吉祥寺の朝日奈くん』中田 永一 (著) のイラストブックレビューです。吉祥寺のとある喫茶店に通いつめている朝日奈。そこで働く細身で美人の女性、山田真野に会いたくて通っている。ある日、ふとしたきっかけで会話を交わし、連絡も取り合うようになったが、彼女には何か裏があるようで…。
イラストブックレビュー

干支にまつわる十一の神社に守られた街の事件とは

『矢上教授の夏休み』森谷明子 (著) のイラストブックレビューです。東京から二時間足らず、十二支を祀った神社にぐるりと囲まれた街、こぶし野。この街をテーマにレポートを作成しようとやってきた大学生の咲。駅のベンチでうたた寝をしてしまった咲は、不思議な言葉を耳にする。
イラストブックレビュー

スーツケースの半分に居れるのは自分の未来

『スーツケースの半分は』 近藤史恵 (著) のイラストブックレビューです。真実はフリーマーケットで青いスーツケースに一目惚れし、購入。やがてそのスーツケースは友人たちに手渡され、世界中を巡るうちに、やがて「幸運のスーツケース」と呼ばれるようになり…。
イラストブックレビュー

ひとりだから見える、感じられる「ひと」とのつながり

『ひと』 小野寺史宜 (著)のイラストブックレビューです。三年前に父親を亡くし、鳥取で一人暮らしをしていた母が突然亡くなったという連絡を受けた大学二年生の柏木聖輔。大学を中退し、ふと立ち寄った惣菜屋で、五十円のコロッケを見知らぬお婆さんに譲ったことから、不思議な縁が生まれていく。
イラストブックレビュー

人生の崖っぷちで土を耕す

『農ガール、農ライフ』  垣谷美雨 (著)のイラストブックレビューです。水沢久美子、三十二歳。派遣切りに遭ったその日、同棲相手から「結婚したい相手がいるから出ていってくれ」と告げられる。TVで見た「農業女子」に、自分が進むべき道はコレだ!と感じ、早速田舎に引っ越し、農業を目指すべく動き出すのだが…。
イラストブックレビュー

家族のゆがみを描く 予測不可能な九つの結末

『夫の骨』 矢樹純 (著)のイラストブックレビューです 。夫の孝之が山で遭難し、亡くなってから一年が経った。ふと思いたち、物置の整理をしたところ、小さな桐箱に入った乳児の骨を見つける。二年前に亡くなった義母が産んだのか、子供の父親は誰なのか。猜疑心に囚われた私は…。表題作「夫の骨」ほか家族の歪みを描く九つの短編集。
イラストブックレビュー

日本と日本人における「天皇」の存在とは

『落陽』 朝井 まかて (著) のイラストブックレビューです。明治天皇崩御直後、渋沢栄一ら東京の財界人たちは神宮造営を計画。一方で帝国大学農科大学の本郷は「東京に神宮林にふさわしい森を造るのは不可能」と反論。東都タイムスの記者、瀬尾亮一は同僚と取材するうちに「明治天皇」という存在について思いを巡らせていく。
イラストブックレビュー

補欠だからこそ見えることとできること

『ホケツ! 』 小野寺史宜 (著)のイラストブックレビューです。母を亡くし、伯母と同居している高校三年生の宮島大地、引退を控えたサッカー部ではいつも補欠。メンバーの手助けをしたりするのは楽しいが、伯母には「レギュラーだ」と嘘をついていた。進路に悩んでいるとき、十二年前に家を出た父親から突然連絡が入り、伯母とともに会うことになるのだが。
イラストブックレビュー

追い詰められたギャングたちの絶望のカウントダウン!?

『陽気なギャングは三つ数えろ』伊坂幸太郎 (著)のイラストブックレビューです。ギャングの一味でスリの天才である久遠は、ハイエナ記者火尻を暴漢から救ったことから、その正体を気づかれてしまう。追いつめられた彼らは、何とか火尻の弱点を見つけようとするのだが。
イラストブックレビュー

強盗なのに誘拐される!?ギャングの日常は大騒ぎ

『陽気なギャングの日常と襲撃』伊坂 幸太郎 (著)のイラストブックレビューです。嘘を見抜く能力を持つ男・成瀬は、刃物男騒動に巻き込まれ、体の中に極めて正確な時計を持つ由紀子は、謎の招待券の真相を追う。天才スリの久遠は誘拐事件に巻き込まれ、犯人に捕らわれてしまい…。