辻 真先

イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『改訂・受験殺人事件【新装版】』辻 真先 (著)

西郊高校三年生の牧薩次と可能キリコは、クラブ活動に学業にとそれぞれに残りの学生生活を楽しんでいた。高校最後の学園祭を終えた休校日、西郊高校きっての秀才が校舎の3階から飛び降りた。しかしその死体が発見されたのは4時間後。薩次とキリコのコンビが事件の謎に挑む。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『仮題・中学殺人事件【新装版】』辻 真先 (著)

人気のマンガ原作者、石黒竜樹が、佐賀市内にあるマンガ家・千晶留美の生家で死体となって発見された。石黒と昔から組んで作品を発表しているもう一人のマンガ家・山添みはる。二人のマンガ家に殺害の容疑がかけられたが、どちらにもアリバイがある。夕刊サンの記者・克郎、妹のキリコ、キリコの友人薩次は彼女たちをたずね、事件の真相に迫る。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『たかが殺人じゃないか: 昭和24年の推理小説』辻 真先 (著)

終戦から四年が過ぎた昭和二十四年。学制改革により風早勝利の学年は最後の一年を男女共学で過ごすことに。推理作家を目指し、推理小説研究部の部長を務める勝利は、顧問の別宮操の勧めにより、映画研究会と合同で合宿を行うことに。そこで彼らは密室殺人事件に遭遇する。さらに台風が襲来した夜、撮影のために学校隣りの廃墟へと集まっていた彼らは新たな死体を発見する。
イラストブックレビュー

戦前の昭和を色濃く描きだす驚愕のミステリ

のこ こちらは昭和12年の名古屋を 舞台にしたミステリーよ。 ぬこ 昭和12年!?戦前の日本かあ。 当時の名古屋ってどんなかんじ だったんだろう。 のこ 博覧会が実施されていて 当時の日本や世界の最...