集英社文庫

イラストブックレビュー

仮面の宴に紛れた殺人犯の正体とは

『マスカレード・ナイト』 東野 圭吾 (著)のイラストブックレビューです。練馬のマンションの一室で、若い女性の他殺死体が発見された。そして警視庁に密告状が届く。新田は潜入捜査のために再びフロントに立つ。コンシェルジュとなった山岸尚美は、お客様の対応に追われていた。400人以上もの仮装したパーティ客の中から犯人を探し出すことができるのか。
イラストブックレビュー

仮面の下を守るのか、暴くのか。二人が出会う前の物語。

『マスカレード・イブ』東野 圭吾 (著)のイラストブックレビューです。ホテル・コルシアに就職して四年になる山岸尚美は、念願のフロントオフィスに配置されてひと月ほど。。一方、ある殺人事件の捜査にあたる新田浩介は、一人の男に目をつけた。お客様の仮面を守るホテルマンと犯人の仮面を暴く刑事。二人が出会う前のそれぞれの物語。
イラストブックレビュー

図書委員が謎を解く 本に絡んだ青春ミステリー

『本と鍵の季節』 米澤穂信 (著) のイラストブックレビューです。高校二年生の堀川次郎は、松倉詩門とともに図書委員をしている。松倉は背が高くて顔も良いので目立つ存在。話してみればよく笑い、ほどよく皮肉も効かせるいいやつだ。彼とつきあうようになってからおかしなことに関わることが増えた。図書委員が謎を解く青春ミステリー。
イラストブックレビュー

仮面をかぶった殺人鬼を見つけ出せ!!

『マスカレード・ホテル 』 東野 圭吾 (著) のイラストブックレビューです。都内で不可解な連続殺人事件が発生した。どんな理由でターゲットが選ばれたのか、また容疑者についても不明。各現場には暗号が残されており、それによると次の犯行現場は都内の一流ホテル、コルテシア東京であることが判明。新田刑事はホテルマンに化けての潜入捜査を命じられる。
イラストブックレビュー

琵琶湖に生きる民たちの存続をかけた戦い

『偉大なる、しゅららぼん』万城目学 (著)のイラストブックレビューです。高校入学のタイミングで、琵琶湖畔の街・石走にある日出本家にやってきた日出涼介。日出家は琵琶湖から特殊な能力を授かった一族。その日出家のライバルであり、同様に特殊能力を持つ棗家の長男・棗広海と同じクラスに。そして彼らはその力を使った戦いを繰り広げる。
イラストブックレビュー

聖母になりすました女の正体とは

『鏡の背面』 篠田節子 (著) のイラストブックレビューです。薬物依存やDVなどで心的外傷を負った女性たちの施設で火災が発生した。施設を利用する女性たちやスタッフに「先生」と慕われていた小野尚子は焼死した。残されたスタッフが警察受けたのは「遺体は別人だった」という連絡。聖母と呼ばれた女性は何者だったのか。
イラストブックレビュー

「生類憐みの令」に隠された真意とは

『最悪の将軍』朝井 まかて (著) 集英社文庫のイラストブックレビューです。生類哀れみの令を制定したことにより「犬公方」と呼ばれ、その悪名が今に語り継がれる五代将軍・徳川綱吉。その真の人間像とはどのようなものであったのか。諸藩の紛争、赤穂浪士の討ち入り、大地震、富士山の噴火。次々と起こる再燃に立ち向かう男の、知られざる障害を描く。
イラストブックレビュー

瀬尾さんの手にかかると家族エッセイも物語風味に

『ファミリーデイズ』 瀬尾 まいこ (著) のイラストブックレビューです。中学校の教師をつとめてきた著者は、40歳を目前にして想定外の妊娠&出産。やんちゃで元気いっぱいの娘、のんきでマイペースな夫とともに送る日々の生活や、かつての教え子や先生たちとの交流を描く、心がほっこりとあたたかくなる家族エッセイ。
イラストブックレビュー

医療界の闇を描く、背筋が凍るミステリー

『テロリストの処方』 久坂部 羊 (著) のイラストブックレビューです。裕福な患者を相手に高額な治療費で利益を得る「勝ち組医師」を狙った連続テロ事件が発生。現場には「豚ニ死ヲ」という言葉が残されていた。医療界の改革を目指す狩野のもとにも脅迫状が届く。同期生で医事評論家の浜川は、テロの関連が疑われる同期生、塙の行方を捜すのだが。
イラストブックレビュー

神の仕業か、悪魔のいたずらか。修道院で起こる謎。

『廃院のミカエル』 篠田 節子(著) のイラストブックレビューです。食品輸入会社の現地職員として働く美貴は、アテネに訪れた。目的の蜂蜜を捜すために訪れた村にあった、修道院の壁に描かれた大天使ミカエルの絵を見つける。それから彼女の周囲では不思議な出来事が起こり始める。