集英社文庫

イラストブックレビュー

自らつくりあげた孤独に呼応する人間を求めて

『左目に映る星』奥田 亜希子 (著)のイラストブックレビューです。左目の視力が弱く、乱視も入っている26歳の早季子は、嫌なことがあると自然と良く見える右目を閉じ、ぼんやりとした世界を見るようにしている。小学校の同級生、吉住君と同じ癖を持つ宮内とアイドルのライブに行くことになるのだが。
イラストブックレビュー

孤高な武士のような強さが美しい女の子の恋

『よだかの片想い』島本 理生 (著)のイラストブックレビューです。二十四歳、大学院生のアイコは、顔に大きなアザがある。恋や遊びから距離を置いて生きてきた。しかしある出版社の取材を受け、地震の顔写真を表紙に使われたことで状況が一変する。
イラストブックレビュー

理想郷なんてどこにも存在しないのだ

『ユートピア』湊 かなえ (著)のイラストブックレビューです。太平洋を望む美しい景観の港町・鼻崎町。車椅子生活の久美香を広告塔に、車椅子利用者を支援するブランドを立ち上げた陶芸家のすみれ。しかしある噂がネット上で流れはじめてから、徐々に歯車が狂い始める。
イラストブックレビュー

やさしさと愛に満ちた「家族」の物語

『にじいろガーデン』小川 糸 (著)のイラストブックレビューです。六歳の息子、草介と二人で暮らしていた泉は、女子高生の千代子が電車に飛び込もうとしていた所を引き止める。それをきっかけに特別な感情を持つようになった二人は、草介とともに「かけおち」しようと決意する。
イラストブックレビュー

「ウケる」ことに身も心も捧げた者たちの物語

『地下芸人』おぎぬまX (著) のイラストブックレビューです。お笑いコンビ「お騒がせグラビティー」は結成十年になるが、いまだ売れる気配はなく、同期もほぼいなくなってしまった。そんな中、相方の広瀬からコンビの解散を告げられて…。
イラストブックレビュー

「視える作家」が描く「引き寄せる猫」との日々

『猫怪々』加門 七海 (著)のイラストブックレビューです。ある日、路地裏でぐったりとした子猫を見つけ、病院に連れていく著者。飼うことを決意したが、この子猫はいくつもの病気を抱えていて、おまけに怪異現象までついてきた。あらゆる対策を講じる作家の猫愛を描くエッセイ。
イラストブックレビュー

崖っぷち村民&広告社の笑いと涙の村おこし大作戦

『オロロ畑でつかまえて』荻原 浩 (著)のイラストブックレビューです。日本最後の秘境といわれる大牛山の山麓にはりついた山村、牛穴村。過疎化に苦しむこの村で、青年部の部長・慎一が意を決して立ち上がった。東京の広告会社に頼んで、牛穴村をPRしてもらおうというのだ。
イラストブックレビュー

怖いけど懐かしくもある、もののけを追う珍道中

『逢魔が時に会いましょう』荻原 浩 (著) のイラストブックレビューです。大学四年生の高橋真矢は、アルバイトで民俗学者である布目准教授の助手を勤めることに。調査対象はなんと「座敷わらし」。子供が多くいる一般家庭に出没するという座敷わらしの姿を、真矢はビデオカメラで捉えることができるのか。
イラストブックレビュー制作動画

その繋がりゆえの葛藤を描く

『血縁』長岡 弘樹 (著) のイラストブックレビュー制作動画です。家族とは、いったい何か?短編ミステリーの名手が放つ、情感豊かな犯罪小説集。
イラストブックレビュー

いや、それがしは猫ではニャい。

『化け猫、まかり通る 猫の手屋繁盛記 』かたやま 和華 (著) のイラストブックレビューです。とある事情で猫の姿になってしまった旗本の跡取り、宗太郎。善行を積めば元の姿に戻れるということから、市井の人々から舞い込んだ依頼を受けて今日も奔走する。