集英社文庫

イラストブックレビュー

いや、それがしは猫ではニャい。

『化け猫、まかり通る 猫の手屋繁盛記 』かたやま 和華 (著) のイラストブックレビューです。とある事情で猫の姿になってしまった旗本の跡取り、宗太郎。善行を積めば元の姿に戻れるということから、市井の人々から舞い込んだ依頼を受けて今日も奔走する。
イラストブックレビュー

旅が天職の人もいるんですね

『旅屋おかえり』原田マハ (著)のイラストブックレビューです。売れないアラサータレント「おかえり」こと丘えりか。ひょんなことから始めた「旅代行業」は、依頼人や出会った人々を笑顔に変えていく。
コラム

【秋の夜長に読みたい小説10選】

【秋の夜長に読みたい小説10選】秋の夜長にぴったりの小説を10冊選んでみました。物語の世界観に浸ってみてください。
イラストブックレビュー

「悪意」の根源はどこにあるのか

『本日はどうされました? 』加藤 元 (著) のイラストブックレビューです。入院患者の連続不審死が発生。週刊誌のフリー記者が独自に調査を開始。看護師たちの話を聞くうちに、一人の女性看護師の姿が浮かんできたのだが…。
イラストブックレビュー

変わりゆく江戸を描く ほろ苦い人情小説

『うずら大名』畠中 恵 (著)のイラストブックレビューです。正体不明の「大名」と、泣き虫の村名主が江戸を揺るがす難事件に挑む。
イラストブックレビュー

学校は行かなくてはならない場所ですか

『雨の降る日は学校に行かない』相沢 沙呼 (著) のイラストブックレビューです。サエとナツは保健室登校をしている中学二年生。平和で穏やかな日々が続くと思っていたのだが。学校生活に息苦しさを感じている女子中学生の憂鬱とわずかな希望を描く6つの短編集。
イラストブックレビュー制作動画

心が温まる、ちょっぴり切ないデートのお話

『おしまいのデート』瀬尾 まいこ (著) のイラストブックレビュー制作動画です。表題作のほか、元不良と教師、バツイチOLと大学生、園児と保育士など、暖かくも切ない5つのデートを瑞々しく描いた短編集。
イラストブックレビュー

残酷で美しい世界へと誘う12の物語

『人形たちの白昼夢』 千早 茜 (著) のイラストブックレビューです。美しく幻想的で残酷な世界の中に、澄んだ青がくっきりと浮かび上がる。
イラストブックレビュー制作動画

中小製造業が革命を起こす

『陸王』池井戸 潤 (著) のイラストブックレビュー制作動画です。埼玉県行田市にある老舗足袋業者「こはぜ屋」。業員20名の地方零細企業が、伝統の技術を駆使したランニングシューズの開発に挑む。テキストやイラストが出来上がっていく様子をお楽しみください。
イラストブックレビュー

冷たい美しさとせつなさを持つ乙一の世界

『平面いぬ。』乙一 (著)のイラストブックレビューです。わたしは腕に犬を飼っている。ひょんなことから居ついてしまった「平面いぬ」ポッキーと少女の不思議な生活他、ファンタジー、ホラー4編を収録した乙一の短編集。