集英社文庫

イラストブックレビュー

戦国時代でバンドやろうぜ!!

『桃山ビート・トライブ』 天野 純希 (著) のイラストブックレビューです。豊臣秀吉が天下をおさめる安土桃山時代。四人の若者が出会い、一座を結成した。型破りな芸で民衆を熱狂に巻き込み、やがて民衆への支配を強める秀吉に立ち向かうことに。
イラストブックレビュー

「ありがとう」の気持ちが湧いてくる心温まる短編集

『おしまいのデート』瀬尾 まいこ (著) のイラストブックレビューです。中学三年生の彗子は、月に一度、離婚した父親のかわりに祖父と会っていた。表題作「おしまいのデート」ほか、ちょっぴりせつない5つのデートを描いた短編集。
イラストブックレビュー

二人の未来は自分たちで守り抜く

『HELLO WORLD』 野崎 まど (著) のイラストブックレビューです。本好きで内気な男子高校生、堅書直実は、ある日あらわれた黒い鳥に本を奪われてしまう。追いかけた先で出会ったのは「10年後の自分」。直実にしか見えないこの男の目的は「未来の記録を変えること」だった。
イラストブックレビュー

日本を下支えしてきた中小製造業の変革劇

『陸王』  池井戸 潤 (著)のイラストブックレビューです。埼玉県行田市にある老舗の足袋業者「こはぜ屋」。四代目社長である宮沢紘一は日々下がる売り上げで、資金繰りに頭を悩ませていた。そこで足袋づくりの技術を生かしたランニングシューズを作るという新規事業に挑む。
イラストブックレビュー

生涯に影響を与え続けるメンターとの出会い

『リーチ先生』 原田 マハ (著) のイラストブックレビューです。1954年、大分の小鹿田にやってきた、イギリス人陶芸家のバーナード・リーチ。ある窯元の弟子として働く十六歳の少年、高市はリーチ先生のお世話がかりに任命された。驚くことに、リーチ先生は高市の父、亀之介を助手としていたことがあるという。
イラストブックレビュー

今の時代から戦争を「感じる」ということ

『帰郷』 浅田 次郎 (著)のイラストブックレビューです。帰るべき家を失くした帰還兵。ニューギニアで高射砲の修理にあたる職工。戦地へ赴く前の出来事を語り合う海軍兵。戦争に巻き込まれた人々が語る、戦中、戦後。今の時代だからこそ読んでほしい、反戦小説集。
イラストブックレビュー

ただひたすらに愚直なまでに己の道を進む

『櫛挽道守』木内 昇 (著)のイラストブックレビューです。幕末の木曽山中、藪原宿。この宿場町ではお六櫛という櫛づくりがさかんに行われていた。なかでも登勢の父は名人であり、その父のように櫛挽職人を目指す登勢。しかし、嫁いで子を成すことが女の幸せとされる中、登勢は周囲から奇異な目で見られる。
イラストブックレビュー

価値観の奥にある「自分自身」を確立させること

『あのこは貴族』山内 マリコ (著)のイラストブックレビューです。松濤で整形外科医院を営む家の三姉妹の末っ子として育てられてきた華子。女子校育ちの箱入り娘で、相手に尽くしすぎてしまうせいか、交際相手とも長続きしない、焦って婚活に取り組み、ようやく理想の相手「青木幸一郎」と出会う。
イラストブックレビュー

美しい裸体以上のものを観客に与えるストリッパー

『裸の華』 桜木 紫乃 (著) のイラストブックレビューです。四十歳のノリカはストリッパーとして活躍していたが、公演中に左脚を骨折し、引退を決意する。札幌すすきのにダンスを売りにした店を開く。二人の若いダンサーを育て、腕の良いバーテンダーもいるノリカの店は次第に起動に乗りはじめるのだが…。
イラストブックレビュー

人間をまるごと包み込む刑事の苦悩と葛藤

『慈雨』 柚月 裕子 (著)のイラストブックレビューです。神場は警察官を定年退職し、妻と二人で四国の遍路の旅へ出ていた。その旅先で知り合った少女の誘拐・殺人事件は、自分が16年前に担当した事件ときわめてよく似ていた。事件当時のこと、さらに以前の駐在としての時代の事件を回想しながら事件の真相を探る。