集英社文庫

イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『貴族探偵対女探偵』麻耶 雄嵩 (著)

新人女探偵の高穂愛香。親友の別荘で起こった殺人事件の現場で「貴族探偵」と名乗る男と遭遇。師匠の教えを胸に、地道に現場を捜査する愛香に対し、貴族探偵は指一本動かすことなく自らのメイドや執事などの使用人たちに推理を披露させる。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『メルカトルと美袋のための殺人 』麻耶 雄嵩 (著)

大学の友人に誘われ、湖の近くに建つ別荘へとやってきた推理作家の美袋。同じく別荘に来ていた佑美子に心を奪われ、一夜を共にする。しかし彼女は死体となって発見され、状況から美袋が容疑者とされてしまう。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『梟の好敵手』福田 和代 (著)

片時も眠らず超人的な身体能力を持つ梟の一族。彼らが暮らす里が襲撃されてから四年。大学生となった史奈は、全世界が注目する新競技「ハイパー・ウラマ」に、同じ位い一族の長栖兄妹とチームを組んで出場することに。ドーピング可である大会に薬物を使用せずに出場すると明言した史奈たちを、運営側は容赦なく潰しにかかる。彼らが用意した切り札は鼻の効く狗の一族。忍の一族たちの因縁の対決はどちらに軍配が上がるのか。そして彼らの未来とは。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『梟の胎動』福田 和代 (著)

眠ることがないという特殊な体質を持つ梟の一族がひっそりと暮らしていた里が潰滅してから四年。大学二年となった史奈は、一族の奇病を救うために研究を続ける父や、陸上競技に打ち込んでいる長栖兄妹たちを見ながら、自分が今後何を目指し生きていくべきなのかがわからずにいた。そんな中、梟一族の力を使い、ある競技の遺伝子ドーピング疑惑に関する調査依頼が入る。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『母子草 お江戸縁切り帖』泉 ゆたか (著)

長屋でひとり住まいをしているお糸は代書屋して身を立てているが、縁切り状を書く「縁切り屋」としての仕事も増えてきた。夫婦になる約束をした大工の熊蔵に隠し子がいたことがわかり、長屋の住人たちは心配しながらお糸を見守っている。家族や男女の惚れ合った仲など、ままならぬ縁を断つ手助けをするお糸。そして彼女自身の縁の行方とは。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『ホテル・アルカディア』石川 宗生 (著)

ホテル・アルカディアの支配人の娘が敷地にあるコテージに引きこもってしまった。ホテルに滞在していた7人の芸術家たちは彼女のために物語を作る。幻想的で現実的、SFなのか文学なのか…。未知の世界が広がっていく物語。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『終末のフール』伊坂 幸太郎 (著)

八年後に小惑星が落ちてきて、地球は壊滅的な状態になる。そんなニュースが流れてから五年が経った。混乱に陥った世の中も、人々の行動も落ち着いてきた。全世界の人間が「余命三年」となった中、仙台北部の団地「ヒルズタウン」で暮らす住民たちはどのように過ごすのか。家族の再生、新しい生命への希望、過去の恩讐。終末に向けかられは何を思い、何を失い、そして得ていくのか。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『映画化決定』友井 羊 (著)

「きみのマンガ、映画化決定ね!」高校二年生のナオトは、同級生のハルから突然告げられる。高校入学時からいくつもの賞を取る天才女子高生監督・ハルからの申し出を一度は断ったナオトだが、制作現場に立ち合うことを条件として作品の使用に同意。小学生の頃に描いたこの作品を超えるためのヒントが映画作りの中にあるかもしれない、と考える。一方、ハルは大きな秘密を抱えていた。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『金の角持つ子どもたち』藤岡 陽子 (著)

サッカーのクラブチームに所属していた俊介は、「サッカーをやめる。中学受験のために塾へ通いたい」と両親に打ち明ける。俊介が日本最難関と言われる中学を目指すのには理由があった。小学校入学を控えた難聴の妹・美音、今でもギリギリで何とか回っている家計の中、両親は俊介を応援していくことを決意。俊介は塾に通いはじめ、受験勉強に取り組む。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『逆ソクラテス』伊坂幸太郎 (著)

学力も運動もそこそこの小学生・加賀は、転校生の安斎からある作戦をもちかけられる。作戦の目的は担任の久留米先生の先入観を崩すこと。草壁は久留米先生に、高圧的な態度を取られている。それは先生が、草壁は大した生徒ではないと考えているから。そんな先生の思い込みは間違っているのだということを証明する。草壁と、作戦の意図に賛同した優等生女子、佐久間が加わり、作戦を決行する。