イラストブックレビュー

「大人」から解放された時「私」のための人生がはじまる

誕生日を迎えて三十五歳になったメイはカフェの副店長として働く日々。毎日カフェにランチを食べに来る男性客もそんな変わらぬ日々の一コマだったのだが、「五月生まれなんですか?」と彼らから声をかけられたことで、メイの日常は少しずつ変わりはじめる。
イラストブックレビュー

生きるために真実を求め戦後のベルリンを駆ける

1945年7月。ドイツ人少女アウグステを一時期匿ってくれた恩人・クリストフが歯磨き粉に仕込まれた毒により不審死を遂げる。ソ連軍に不審の目を向けられたアウグステだが、陽気な泥棒と連れ立ち、クリストフの甥へ訃報を知らせるために旅立つ。
イラストブックレビュー

音で世界を紡ぎ出す彼らのもうひとつの物語

ピアノコンクールで優勝したマサルを連れて恩師の墓参りへとやってきた亜夜。何故かいっしょについてきた塵が、日本の墓を珍しそうに眺める(「祝祭と掃苔」)ほか、ベストセラー「ミツバチと遠雷」のスピンオフ六編を描いた短編集。
イラストブックレビュー

どこか欠けた者たちで築かれた王国の行末は

和久井ベーカリーの二代目である和久井ミモザの父宛に届いた一通の手紙に導かれん大阪の廃墟ビルへやってきたミモザ。そこにいたのは、父よりも少し上の世代と思われる三人の男たち。かつてこのビルに住み、ここを「王国」と呼ぶ男たちはミモザの父と、自分たちの過去を語りはじめる。
イラストブックレビュー

断ち切れぬ母娘の鎖が生み出す負の連鎖

タワーマンションが建ち、急速に発展する街・湧新地区。昔ながらの猥雑な雰囲気を保つ西口で花屋を営む桜子。高校生の一人娘・菫子は市民の結束を高めるためのミュージカルに参加し、練習に励んでいる。そんな中、若い女性が殺害される事件が起こる。さらに菫子が何者かに誘拐され…。
イラストブックレビュー

出会うはずのなかった二人の奇跡のラブロマンス

自分にぴったりな学問と住まいを求めて転々としていた二十三歳のオーガストはニューヨークへとやってきた。ある日、地下鉄でホットな美人を見つけ、一目で恋に落ちた。毎朝お案じ車両に乗り合わせる彼女、ジェーンにどんどん惹かれていくオーガスト。しかし彼女とは結ばれない運命だった。
イラストブックレビュー

ロマンスの詰まった古書店で巻き起こるコージーミステリー

失業してしまった相澤真琴は、宿泊ホテルで火事に遭い、新興宗教による強引な勧誘から逃げ出し、葉崎市の海岸へとやってくると死体に遭遇。古書店を期間限定で店をまかされることになった真琴。しかし、葉崎市の女帝と恐れられている前田満知子の死体が書店で発見される。
イラストブックレビュー

歌はもっとうまくなれる!!すぐに使えるコツ満載の「歌うま本」

「音程が上手に撮れなくて…」「高い音がどうしても出ない」そんな方のために歌がうまくなるための条件と方法を解説。写真とイラストを使い、曲ごとの歌い方も丁寧に説明します。自宅で、カラオケで使える「歌うま本」で歌うま体験を味わいましょう。
イラストブックレビュー

これぞエンターテイメント!興奮が止まらない警察小説

ロンドン警視庁の新人捜査員、ウィリアム・ウォーウィックは大学で学んだ美術誌の知識を武器に、警察が押収した絵画を贋作と見破ったことで、美術骨董捜査班のメンバーに。数多くの名画の窃盗犯、マイルズ・フォークナーを捕らえ名画を取り戻すべく、ウィリラムは仲間たちと捜査に挑む。
イラストブックレビュー

黒と白、光と影が生み出す 美しく底知れぬ恐怖

ピアノ調律師の一藤麻衣子が子供の頃に育った、愛媛の山奥にある七富利村はダムの底に沈み、現在は水の中。他人と深く関わらないよう注意深く過ごす麻衣子に美人ピアニストの兄が近づき、そして麻衣子の過去を探ろうとする男も現れる。