イラストブックレビュー

ただひたすらに愚直なまでに己の道を進む

『櫛挽道守』木内 昇 (著)のイラストブックレビューです。幕末の木曽山中、藪原宿。この宿場町ではお六櫛という櫛づくりがさかんに行われていた。なかでも登勢の父は名人であり、その父のように櫛挽職人を目指す登勢。しかし、嫁いで子を成すことが女の幸せとされる中、登勢は周囲から奇異な目で見られる。
イラストブックレビュー

奇妙な猫丸先輩は今日も奇妙な謎を解く

『幻獣遁走曲【新版】』倉知 淳 (著)のイラストブックレビューです。猫コンテストの雑用係、薬の臨床治験、戦隊ショーの怪人役。いっぷう変わったアルバイトにいそしむ猫丸先輩。どんな環境にもするりと溶け込み、バイト先で起こった盗難事件やベッドから消えた男、着ぐるみにつけられたガムなど、これまた変わった謎を解いていく。
イラストブックレビュー

江戸の世の「まこと」を語るのは姫様人形!?

『まことの華姫』畠中 恵 (著)のイラストブックレビューです 。江戸は両国の見世物小屋で、姫様人形のお華をしゃべらせる話芸をしている芸人の月草。真実を語るという噂から、まことを知りたいと願う人々が訪れる。
イラストブックレビュー

ないものが「ある」お店で手に入れたいものとは

『注文の多い注文書』小川 洋子 (著), クラフトエヴィング商會 (著)のイラストブックレビューです 。川端康成の「たんぽぽ」、サリンジャーの「バナナフィッシュにうってつけの日」、内田百閒の「冥途」など、五つの物語の中に登場する「この世にないもの」を、小川洋子が注文し、クラフト・エヴィング商會が探し出す。
イラストブックレビュー

ちょっと違った角度から京都を楽しんでみよう

『36時間わたしの京都観光 12通りの1泊2日』 淡交社編集局 (編集)のイラストブックレビューです 。京都へ一泊二日(36時間)の旅へ出かけるとしたら、どんな場所を訪れますか。こんなコンセプトをもとに、作家、アーティスト、テキスタイルデザイナーなど12人の「通」な旅人が、観光バスのいかない私的な京都旅を案内します。
イラストブックレビュー

愛され、守られる あなたは誰かの「タカラモノ」

『タカラモノ』 和田 裕美 (著)のイラストブックレビューです。かろうじてつながっているようなママとパパ、おねえちゃんとわたし、ほのみは4人家族。昼は喫茶店、夜はバーで働く、綺麗で明るくて破天荒なママから、ほのみは大切なことを教わっていく。
イラストブックレビュー

人間とAIの「言葉のわかり方」をやさしく解説

『働きたくないイタチと言葉がわかるロボット 人工知能から考える「人と言葉」』のイラストブックレビューです。「なんでも言うことを聞いてくれるロボットがいたら、僕らは働かなくてよくなるね」すばらしい思いつきにうっとりしたイタチたちは、ロボットを作ろうと計画します。
イラストブックレビュー

人生を切り拓くための「教養」を身につけよう

『お金は「教養」で儲けなさい』 加谷 珪一 (著)のイラストブックレビューです 。お金を稼ぐためには、相手を理解する能力、断片的な情報から全体像を組み立てる想像力、また背後で動いている法則を見極める分析力などが必要です。成功への確立を上げる武器としての教養を身につけていきましょう。
イラストブックレビュー

いそうでいなかった、街の幸せ配達人

『詩羽のいる街』 山本 弘 (著) のイラストブックレビューです。マンガ家志望の僕は、ネームのダメ出しをされて落ち込んでいたところ、1人の女性と出会った。彼女の名前は詩羽。1日デートに誘われ、詩羽についてまわるうちに、僕は驚くべきものを目にする。
イラストブックレビュー

沈み込むような夜の闇に灯るやさしい灯り

『明るい夜に出かけて』 佐藤 多佳子 (著)のイラストブックレビューです。ある事件がきっかけで大学を休学し、家を出てアルバイトをしながら一人暮らしをすることになった富山。バイトリーダーの鹿沢、富山と同じくラジオ好きの女子高校生・佐古田、旧友の永川らと交流するうちに、周囲の世界が色彩を帯びていく。