未分類

あけまして おめでとうございます

2023年も多くの素敵な作品と出会えますように。 今年もレビューを書いていきます!よろしくお願いします。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『玉の輿猫 お江戸けもの医 毛玉堂』泉 ゆたか (著)

谷中感応寺の境内にある動物専門の養生所「毛玉堂」。口数が少なく愛想はないいが、見立ては確かな医師の凌雲と、動物好きの妻、お美津の二人で営むこの養生所には、様々な状態の動物とその飼い主が助けを求めてやってくる。。人々と動物の愛と絆を描く五篇の時代小説集。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『福猫屋 お佐和のねこだすけ』三國 青葉 (著)

十八年連れ添った夫の松五郎が突然亡くなり、お佐和は塞ぎこみ食事も摂らず、1日中布団をかぶって寝ていた。そんなお佐和のもとに、ある日一匹の猫が迷い込む、お佐和はこの猫に福と名付け、世話をするうちに少しずつ立ち直っていく。そんな福にネズミを捕ってほしいい、という依頼が入ったことで、お佐和は猫へ何か恩返しとなるような商売はないものか、と思いをめぐらせる。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『夜勤 ~夜に産まれた者だけが戦う世界~』友浦 乙歌 (著)

昼生まれか、夜生まれか。この世界では生まれた時に日の光を浴びたかどうかで人生が決まる。夜に生まれた人間は太陽の光が猛毒となる。彼らは「夜勤」と呼ばれ、夜になると発生する死獣を倒すために戦っている。滝本一琉はある日一人の少女と出会う。昼生まれの少女、野々原まひるの正体が明らかになる時、一琉と仲間たちは新たな敵へと戦いを挑んでいく。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『歌舞伎町の沼』草凪 優 (著)

結婚して三年になる二十九歳の瑠依は、友人に誘われて行ったホストクラブで二十歳のホスト、ユーセイと出会う。純朴で頼りなさげな彼を気に入り、「推し」へ貢ぐお金を稼ぐため、マッチングアプリで出会った剣持と愛人契約を結ぶ。ホストへの思いを「推し活」として客観的にとらえながら、次々と官能の扉を開けていく女性が歌舞伎町という沼に沈んでいく。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『窓辺の愛書家』エリー・グリフィス (著)

海岸沿いに建つ高齢者向け共同住宅で一人の老婦人が亡くなった。九十歳で本好き、多くの推理作家と交流していたペギーの死因は心臓発作によるものとされたが介護士のナタルカはこの死に不審に感じ、ハービンダー刑事に相談。さらにペギーの友人であった老紳士のエドウィン、カフェオーナーのベネディクトらとともにペギーの死について真相を探るうち、彼女と関わりのあった人物が殺害される。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『消えない月 』畑野 智美 (著) 角川文庫

小さなマッサージ店に勤める二十八歳の河口さくらは、三十一歳の常連客、松原と付き合うことに。最初は優しかった松原だが、次第にさくらに対して高圧的だったり、束縛したりするように。耐えきれなくなったさくらは、LINEで「別れたい」と告げる。しかし、松原はそれから何十件ものLINEをさくらに送り、さくらの合鍵を返そうともしない。次第に松原の行動はエスカレートしていき…。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『銀花の蔵』遠田 潤子 (著) 新潮文庫

1968年夏。小学四年生の銀花は父の実家である老舗の醤油蔵で暮らすことになった。何とか馴染もうと頑張る銀花だが、母の盗癖や蔵を切り盛りする祖母と父の不仲、そして父の年の離れた妹からぶつけられる言葉に思い悩む。やがて蔵を継ぐことを決意した銀花は祖母が隠してきた一族の過去を知る。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『代表取締役アイドル』小林 泰三 (著) 文春文庫

地下アイドルの河野ささらは、握手会でファンが起こした騒動のせいで活動休止に。そんな中、巨大企業から社外取締役のオファーが舞い込む。古い感覚をふりかざす現社長とその息子、彼らが打ち出す非現実的な目標設定。追いつめられた社員たちは粉飾会計やデータの改ざんを行う。会社のことなどなにひとつわからない、全くの門外漢のささらは、会社を救うことができるのか。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『ベーシックインカムの祈り』井上 真偽 (著)

日本語が好きで勉強中であり、保育園で働くエレナは子どもの日々話す言葉からその内容を分析していく(『言の葉の子ら』)。AI、VR、人間強化、ベーシックインカム。近未来に実現し得る技術を背景に描き出す本格ミステリ五編を集めた短編集。