しゃばけ

イラストブックレビュー

ときめき要素満載のお江戸幻想奇譚

『しゃばけ』畠中 恵 (著)のイラストブックレビューです。江戸の大店の一人息子、一太郎は病弱で一年のほとんどを床に伏している状態です。体調がよく感じたある日、こっそり家を抜け出すと殺人現場を目撃。若だんなを取り巻く妖たちと事件に挑みます。
コラム

江戸のおすすめシリーズ本 2020年1月現在未完のもの

はじめに 江戸時代の物語は、ちょっと堅そう。読みづらいのでは、自分にはまだ早い、あまり興味ない。そんなことを思っている方に、ぜひ!おすすめしたい、江戸を舞台にした小説たちをご紹介します。シリーズもので、2020年1月現在も継...