ぼくとおれ

イラストブックレビュー

自分の推したスイッチはどうだったかとふり返りたくなる

『ぼくとおれ』朝倉 かすみ (著) のイラストブックレビューです。同じ日に同じ病院で生まれた二人の男。彼らが40歳になった時、それぞれがどのような人生を生きてきて今に至っているのか、そしてどこへ向かっていくのか。昭和から平成への世相を絡めながら描き出す物語。