原田 ひ香

イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『事故物件、いかがですか? 東京ロンダリング』原田 ひ香 (著)

前住人が亡くなった事故物件に一時的に住むことで報酬を得る「ロンダリング」は街の小さな不動産屋が窓口となり、住人を選定し、物件を紹介する。彼らが依頼を受ける物件には様々な人間ドラマがあり、ロンダリングの仕事に関わっていた者たちも時の経過とともに少しずつ環境や考え方に変化が訪れる。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『彼女の家計簿』原田 ひ香 (著)

シングルマザー、里里のもとに一通の封筒が届いた。中には五十鈴加寿という女性が戦前からつけていたという家計簿が数冊入っていた。家計簿から見えてくる加寿の生き様、そして里里や彼女の母親は、そこから何を得ていくのか。
イラストブックレビュー

1日3回通いたくなるワケあり三姉妹の美味しいお店

『三人屋』 原田 ひ香 (著) のイラストブックレビューです。朝は三女が手がけるふんわりパンの喫茶店、昼は次女のこだわりうどん、夜は長女の〆の白飯が最高のスナック。朝・昼・晩で業態が変わるこの店は「三人屋」と呼ばれている。それぞれが問題を胸に抱えているが、常連客や姉妹間でのやりとりから、少しずつ前を向いていく。
イラストブックレビュー

三人の女に関わる男たちの物語

『サンドの女 三人屋』 原田 ひ香 (著) のイラストブックレビューです。父の亡き後、店を残すために三姉妹が始めた「三人屋」。朝は三女がモーニングを、昼は次女がうどんランチ、夜は長女がスナックを経営。長女のスナックにはワケありだったり、クセのある常連客がやってきては、互いの悩みを打ち明け合う。
イラストブックレビュー

全てを失った者にとっての本当に安全な場所とは

『彼女たちが眠る家』原田 ひ香 (著)のイラストブックレビューです。九州の離島にある家。ここには、ある問題を抱えた女たちが集まり、世間から距離を置き、静かに暮らしていた。ある母娘が入居したことから、彼女たちの日常が大きく変わっていく。
イラストブックレビュー

不安定だけど心地良い場所から踏み出す物語

『ギリギリ』原田 ひ香 (著)のイラストブックレビューです。脚本家の卵である健児は、同級生の瞳と結婚した。彼女の前の夫、一郎太は過労死し、それから一年足らずでの結婚。一郎太の母・静江とも何故か仲良くやっている。
イラストブックレビュー

スゴ腕復讐屋の秘密は「何もしない」こと!?

『復讐屋鳴海慶介の事件簿』原田 ひ香 (著) のイラストブックレビューです。整った容姿に毒舌。どこか冷たい瞳を持つ男、成海慶介。凄腕の「復讐屋」である彼のもとには様々な依頼人が訪れる。完璧な復讐を行う彼のやり方とは。
イラストブックレビュー

ラジオに耳を傾けるリスナーそれぞれに人生がある

『ラジオ・ガガガ』 原田 ひ香 (著) のイラストブックレビューです。実在する人気ラジオ番組に耳を傾ける老若男女の人生を描く短編集。