宮本紀子

イラストブックレビュー

美しくありたい江戸の女たちの思いに応えたい

『寒紅と恋 小間もの丸藤看板姉妹(三)』宮本紀子 (著)のイラストブックレビューです。日本橋の小間物商の大店、「丸藤」の看板娘・里久は妹の桃とともに酉の市へ向かう。案内してくれるという飾り職人・清七の側には、母娘ふたりの姿。娘のお豊が敵意むき出しな理由とは。
イラストブックレビュー制作動画

自分の居場所は自分で作る!

『跡とり娘 小間もの丸藤看板姉妹』 宮本紀子 (著)のイラストブックレビュー制作動画です。幼い頃、病弱のため品川で暮らしていた里久が帰ってきた。里久の言動や振る舞いに、母や妹は戸惑うばかりで…。テキストやイラストが出来上がっていく様子をお楽しみ下さい。
イラストブックレビュー

縁談を通して改めて感じる姉妹の絆

『妹の縁談 小間もの丸藤看板姉妹(二)』 宮本紀子 (著)のイラストブックレビューです。大店の看板娘として生きてきた妹、桃の縁談話は、周囲を巻き込んで大きな騒ぎに。これまでにない強さを見せる桃と、妹を気遣う姉、里久の思いに胸が熱くなる物語です。
コラム

江戸のおすすめシリーズ本 2020年1月現在未完のもの

はじめに 江戸時代の物語は、ちょっと堅そう。読みづらいのでは、自分にはまだ早い、あまり興味ない。そんなことを思っている方に、ぜひ!おすすめしたい、江戸を舞台にした小説たちをご紹介します。シリーズもので、2020年1月現在も継...