文春文庫

イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『満月珈琲店の星詠み~メタモルフォーゼの調べ~』望月 麻衣 (著)

『変容』を司る冥王星が水瓶座に入る2023年3月。満月珈琲店のマスターとヴィーナス、マーキュリー、マーズ、ジュピター、サートウルヌス、ウーラノス、ルナたちの面々は北海道の音楽祭に来ていた。転職のために札幌へとやってきた小雪は、自分と同じように猫のマスターが営むトーレーラーカフェでの体験をした人たちと連絡を取る。その中の一人である女性から小樽での昔話を聞くのだが。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『代表取締役アイドル』小林 泰三 (著) 文春文庫

地下アイドルの河野ささらは、握手会でファンが起こした騒動のせいで活動休止に。そんな中、巨大企業から社外取締役のオファーが舞い込む。古い感覚をふりかざす現社長とその息子、彼らが打ち出す非現実的な目標設定。追いつめられた社員たちは粉飾会計やデータの改ざんを行う。会社のことなどなにひとつわからない、全くの門外漢のささらは、会社を救うことができるのか。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『おんなの花見 煮売屋お雅 味ばなし』宮本 紀子 (著)

下り酒問屋の大店の内儀であったお雅は、夫と離縁し、京橋南にある水谷町で煮売屋を営んでいる。お雅のもとには気難しい差配が現れたり、常連客の色恋沙汰に巻き込まれたり、なんと元の亭主が店にやってきたりと様々な出来事が起こる。江戸の人情と季節を感じる物語。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『熱源』川越 宗一 (著)

明治期、樺太で生まれたアイヌのヤヨマネクフ、リトアニアに生まれたブロニスワフ・ピウスツキ。日本人としての生き方を押し付けられたアイヌ人と、故郷の国を乗っ取られ母国語を話すことすら禁じられロシア人にされそうになったポーランド人。文明をたてに、アイデンティティをも揺るがされた二人を突き動かす『熱』とその生き様を描く冒険歴史小説。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『Iの悲劇』米澤 穂信 (著)

過疎化により六年前に無人となった南はかま市簑石。この土地を再生させるべく市ではIターン居住の支援と推進を行なっている。このプロジェクト担当である万願寺は住民たちに心地よく過ごしてもらおうと奔走する。しかし居住者たちは次々とトラブルに見舞われ、一人また一人と簑石を去っていき…。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『獣たちのコロシアム 池袋ウエストゲートパーク16 』石田 衣良 (著)

マコトが果物屋で仕事をしているとスマホに一本の電話が入った。テレビ曲のプロデューサーで梅原と名乗る彼は、児童虐待の動画を投稿するサイトを潰し、参加する者たちを世間の目に晒したいので、マコトにい協力してほしい、と言うのだ。マコトとタカシはサイト参加者をおびき寄せるために罠を仕掛ける。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『いけない』道尾 秀介 (著) 文春文庫

海岸線に沿った白蝦蟇シーラインを南下するときに、左手に現れる弓投げの崖を、決して見てはいけない。この場所で、衝突事故が起こる。事故の当事者たち、その関係者や家族、刑事たちの思惑が絡まりあう。また、少年が目撃した文房具店での出来事の真相、新人刑事が見つけ出そうとした殺人事件の犯人。全てがつながりを見せながら驚愕のラストへとつながっていく。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『自転車泥棒』呉 明益 (著)

無口な父は自転車とともに失踪した。その自転車が、二十年もの年月を経て僕の目の前に戻ってきた。小説家でもあり、古い自転車のコレクターでもあるぼくは、この自転車の来し方に興味を持ち調べていくうちに、物語は国や時を超えて広がっていく。
イラストブックレビュー

近くに大切な人がいることに気づくのは極上の幸せである

作家として仕事を続け、そこそこ売れるようになった50歳の正吉は、一軒家でほぼひきこもりの生活をしている。その家に突然、生まれてから一度も会ったことのない25歳の息子・永原智がやってきた。世間知らずの父親と、明るくて要領が良い息子の、奇妙な同居生活が始まる。
イラストブックレビュー

密室のあるところに密室蒐集家の姿あり

鍵がかかった音楽室からこつぜんと姿を消した射殺犯、警察が監視する家で発見された高校生の男女の死体。密室のある事件が起こると、どこからともなく現れる「密室蒐集家」が、鮮やかにその謎を解いていく。