新潮文庫

イラストブックレビュー

死は街の人々にやさしく寄り添う

『かたみ歌』 朱川 湊人 (著)のイラストブックレビューです。東京の下町・アカシア商店街。ここでは不思議なことが起こる。それぞれの時代で訪れる生と死、そして幸せ。7つの奇跡が感動の涙を呼ぶ物語。
イラストブックレビュー

昭和的ナンセンスがさく裂!のショートショート集

『笑うな』 筒井 康隆 (著)のイラストブックレビューです 。タイム・マシンを発明して、直前に起こった出来事を眺めるというユニークな発送の「笑うな」。締め切りの迫る原稿に頭を悩ませる作家を描く「猫と真珠湾」など、キレ味鋭いブラックなショート・ショート34編。
イラストブックレビュー

沈み込むような夜の闇に灯るやさしい灯り

『明るい夜に出かけて』 佐藤 多佳子 (著)のイラストブックレビューです。ある事件がきっかけで大学を休学し、家を出てアルバイトをしながら一人暮らしをすることになった富山。バイトリーダーの鹿沢、富山と同じくラジオ好きの女子高校生・佐古田、旧友の永川らと交流するうちに、周囲の世界が色彩を帯びていく。
イラストブックレビュー

人間の世界になじめない彼らが行きついた場所

『地球星人』 村田 沙耶香 (著) のイラストブックレビューです 。小学生の頃、自分を魔法少女だと信じていた奈月。同じ年のいとこである由宇は、自分は宇宙人なのだという。大人になった奈月は恋愛や生殖を強制する社会になじめず、ネットで見つけた夫と性行為なしの結婚生活を送る。夫とともに、かつて由宇と過ごした田舎へ訪れるのだが。
イラストブックレビュー

闇が広がるメタファーの世界から抜け出せるのか

『騎士団長殺し 第2部: 遷ろうメタファー編(下)』村上 春樹 (著)のイラストブックレビューです。「あたしを殺せばよろしい」騎士団長を殺すことで、穴は開かれ、私に試練が訪れる。姿を消した少女を見つけ出すために、その穴に入らなくてはならない。
イラストブックレビュー

歪んだ愛に喜び、苦しむ者たちを描いた物語

『繭』青山 七恵 (著)のイラストブックレビューです。33歳で自分の店を持つ美容師の舞は、結婚して1年になる夫、ミスミがいる。舞は、ミスミに振るってしまう暴力に悩んでいた。
イラストブックレビュー

開かれた穴の闇から放たれたものは何なのか

『騎士団長殺し 第2部: 遷ろうメタファー編(上)』村上 春樹 (著) のイラストブックレビューです。肖像画のモデルとなった少女、まりえは雑木林の秘密の道を通って、山荘へやってくる。屋根裏に隠された絵と「私」の描いた絵が奇妙な呼応を見せる。
イラストブックレビュー

顕れたイデアが現実の世界で動き出す

『騎士団長殺し 第1部: 顕れるイデア編(下) (新潮文庫)』村上 春樹 (著)のイラストブックレビューです。ある夜、画家である「私」の前に顕れたのは「騎士団長殺し」という題の絵に描かれた人物と同じ姿をした「イデア」だった…。
イラストブックレビュー

傷心の肖像画家に訪れた不思議な出会い

『騎士団長殺し 第1部: 顕れるイデア編(上)』村上 春樹 (著)のイラストブックレビューです。六年間を共に暮らした妻から別れを切り出された三十六歳の肖像画家は、家を出て放浪の旅へ。がて友人の父親が住んでいた小田原の山荘へ住むことに。
イラストブックレビュー

あなたの見ているモノは本物ですか?そしてあなたは?

『レプリカたちの夜』一條 次郎 (著)のイラストブックレビューです。動物レプリカ工場の中で、動いているシロクマを発見した往本。絶滅したはずの本物か、それとも産業スパイなのか。