藤野可織

イラストブックレビュー

心の奥を言語化されたような、奇妙な感覚を持つ物語

『ファイナルガール』 藤野 可織 (著)のイラストブックレビューです。歪んだ愛情と、ねじれた現実。夢の中の世界を言葉にしたような奇妙な後味を残す7つの短編集。