近藤 史恵

イラストブックレビュー

命と向き合うシェフと猟師の絆を描く

『みかんとひよどり』 近藤 史恵 (著) のイラストブックレビューです。フランスで修行し、日本に帰って店を開くも、客が入らずに閉店。いくつもの店を持つやり手の女性オーナーにフレンチの料理人として雇ってもらった亮二。ある日、飼い犬のピリカとともに、猟ををしようと山に入ったところ、道に迷ってしまう。
イラストブックレビュー

互いに影響し合う彼女たち

『インフルエンス』近藤 史恵 (著)のイラストブックレビューです。ある女性作家の元に届いた一通の手紙。そこには「私と友達2人の関係について話を聞いてほしい」とあった。驚くべき青春時代を送った彼女たちは、さらに大人になって再開を果たす。
イラストブックレビュー

美味しい記憶は喜びとせつなさとともに

『マカロンはマカロン』近藤 史恵 (著) のイラストブックレビューです。気取らないフレンチを提供するビストロ・パ・マルは下町の小さなレストラン。今日も絶品メニューと鋭い洞察力でお客をもてなします。
イラストブックレビュー

レシピの裏にある謎とドラマ

『ヴァン・ショーをあなたに』近藤 史恵 (著) のイラストブックレビューです。小さなフレンチレストラン、ビストロ・パ・マルの三舟シェフは素晴らしい料理の腕と、客たちの持ち込む謎を鮮やかに解く推理力を持つ。
イラストブックレビュー

命の重さはどうやって決まるの?

『私の命はあなたの命より軽い』近藤 史恵 (著)のイラストブックレビューです。はじめての出産を控えた遼子は、大阪の実家で里帰り出産することに。帰ってみると家族の様子がどこかおかしい。一体、家族に何が起こったのか。
イラストブックレビュー

ビストロシェフのスパイスの効いた料理と推理

『タルト・タタンの夢』近藤 史恵 (著) のイラストブックレビューです。商店街にあるビストロ・パ・マルは、気軽にフレンチを楽しめる小さなレストラン。シェフの三舟は素材を活かした料理を作り、そしてまた客たちに起こった不可解な出来事の謎を解く。
イラストブックレビュー

未知の味に出会う喜びと、明日へ向かう力をもらえる場所

『ときどき旅に出るカフェ』近藤 史恵 (著) のイラストブックレビューです。35歳独身のOL、瑛子が見つけたのは、店主が旅行した国の料理やスイーツが味わえるカフェ。この居心地の良いカフェには様々な問題を抱えた客が訪れて…。