髙田 郁

イラストブックレビュー

人の嫁として、新たなステージが始まる

『あきない世傳 金と銀〈3〉奔流篇』髙田 郁 (著)のイラストブックレビューです。奉公人として上がった五十鈴屋の若おかみとなった幸。夫の死により、次男の惣次の妻に。幸を愛しながらも、その商才に嫉妬の念を覚える惣次。果たして幸は五十鈴屋でその商才を発揮していくことができるのか。
イラストブックレビュー

新テーマは「商い」。期待を裏切らない面白さで全巻買い決定!

『あきない世傳 金と銀 ~源流篇』髙田 郁 著のイラストブックレビューです。9歳で大阪の呉服商「五十鈴屋」へ奉公に出ることとなった幸。商いの世界に心惹かれ、その才が開いていく、感動の物語第一弾。
コラム

江戸のおすすめシリーズ本 2020年1月現在未完のもの

はじめに 江戸時代の物語は、ちょっと堅そう。読みづらいのでは、自分にはまだ早い、あまり興味ない。そんなことを思っている方に、ぜひ!おすすめしたい、江戸を舞台にした小説たちをご紹介します。シリーズもので、2020年1月現在も継...