ロボットに芽生える家族愛にキュンとする

のこ
のこ

ロボットに妹ができたらどうなるかしら?

ぬこ
ぬこ

想像もつかんな〜 

小さな妹って可愛いイメージだけどね。

のこ
のこ

そうそう、主人公のロボット・タングも

可愛い妹の世話に張り切るの!

ぬこ
ぬこ

いいことじゃないか。親も助かるし。

のこ
のこ

「小さな男の子」が赤ちゃんの世話を

するところを想像してみて。

良かれと思ってやってくれたあれこれが…

ぬこ
ぬこ

うお すごいことになりそう。

親の力も試されそうだな。

のこ
のこ

そうなの。

トラブルが家族の絆を一層強めていく感動の物語よ。

『ロボット・イン・ザ・ハウス』 

デボラ インストール (著) 松原 葉子 (翻訳)  小学館文庫

あらすじ

ベンと元妻エイミーに、女の子のボニーが誕生した。イヤイヤ期のぽんこつロボット・タングは「妹」のお世話をしようと張り切ったり、「妹」にやきもちを焼いたり。

そして一家を脅かす謎のロボットとは。面倒くさくも愛おしい、人間とロボットの「家族」の物語。

タングの「お兄ちゃんぶり」が微笑ましい

ロボットでありながら、学習能力を持ち、感情や思いやりを学んでいく男の子のロボット、タング。

彼なりに小さな妹をお世話したい、という気持ちがひしひしと伝わってきて、タングを抱きしめたくなってしまいます。

まとめ

タングの所有権、動力源、謎のロボットに夫婦のよりを戻すのかどうか…。

トラブルを乗り越えて彼らの絆が強くなっていくのが伝わります。

タングの家族を思う気持ちにキュンとくる、あたたかな物語です。

<こんな人におすすめ>

ロボットが家族愛を育んでいく物語を読みたい
ロボットと家族の絆を築いていく人間たちの話を読みたい
タングのファン

のこ
のこ

タングは物語ごとに成長を遂げているの。

その成長ぶりを楽しむためにシリーズで読むことを

オススメするわ。

ぬこ
ぬこ

シリーズ1作目のイラストレビューは

こちらから読めるぞ。

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

にほんブログ村

書評・レビューランキング



コメント