ラジオに耳を傾けるリスナーそれぞれに人生がある

のこ
のこ

ラジオを聞くことはある?

ぬこ
ぬこ

おお〜!オールナイトニッポンとか

聞いていたぞ。

のこ
のこ

オールナイトニッポンといえば

ナインティナインかしら。

ぬこ
ぬこ

いやいや 中島みゆきとかデーモン小暮とか。

「夜霧の横綱審議会」で爆笑〜ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆

のこ
のこ

(…昭和みが深い)

こちらはラジオ番組に耳を傾ける

老若男女の人生を描いたお話よ。

『ラジオ・ガガガ』  原田 ひ香 (著)  双葉文庫

あらすじ

子供たちも皆ひとり立ちし、ケアハウスで深夜ラジオに聞き入る老女、同じクラスの女の子の声が、ラジオ番組から流れてきてドキッとする女子高生。実在する人気ラジオ番組に耳を傾ける老若男女の人生を描く短編集。

日常の出来事とラジオのゆるやかな関係

夫は10年前に肺がんで他界。三人の息子たちもそれぞれに家庭を築いたり、仕事に邁進しています。信子は他人に期待しない性格のため、自分からケアハウスへ入居。楽しみは深夜に聞くラジオ。そのラジオを聞くきっかけとなった出来事に思いを馳せる…。

また「全国子供相談室・リアル!」というラジオ番組に寄せられた声に来実は驚きます。所属するチア部でいじめがある、というその声の主は、同じクラスの美月にそっくりだったのです。

それから美月のことが気になりはじめた来実ですが、ある日体育の授業中、来実の投げたボールが美月にぶつかってしまい…。

まとめ

ラジオを聞いている者同士の、目に見えないゆるやかな繋がりが心地良く感じられます。ラジオから流れてくる声に笑い、励まされ、力をもらい、また一歩を踏み出していく。

ラジオに耳を傾ける人々の、そんな人生の一部を切り取った、心にじわりと沁みこむ短編集です。

<こんな人におすすめ>

ラジオが与えてくれるものを描いた物語を読んでみたい
深い余韻が残るような心に染み込む物語を読みたい
原田 ひ香 のファン

ぬこ
ぬこ

オールナイトニッポン、録音しようとして

失敗するとめちゃ凹んだなあ…。

あのラジカセはどこ行っちゃったんだろう…( ´△`)

のこ
のこ

ラジオと人のあたたかなつながりに

心がじんわりとするお話よ。

ちなみにラジオ番組は現代のものよ。

本やイラストレビューが気に入っていただけたらポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

にほんブログ村

書評・レビューランキング

コメント