イラストブックレビュー

イラストブックレビュー

経済の本質や問題を深く、わかりやすく解説

『父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。』のイラストブックレビューです。元財務大臣の父が、経済の本質を娘に語る。世界の歴史を駆け抜け、専門用語を身近な事例を用いて解説。おもしろくてわかりやすい経済本。
イラストブックレビュー

闇が広がるメタファーの世界から抜け出せるのか

『騎士団長殺し 第2部: 遷ろうメタファー編(下)』村上 春樹 (著)のイラストブックレビューです。「あたしを殺せばよろしい」騎士団長を殺すことで、穴は開かれ、私に試練が訪れる。姿を消した少女を見つけ出すために、その穴に入らなくてはならない。
イラストブックレビュー

歪んだ愛に喜び、苦しむ者たちを描いた物語

『繭』青山 七恵 (著)のイラストブックレビューです。33歳で自分の店を持つ美容師の舞は、結婚して1年になる夫、ミスミがいる。舞は、ミスミに振るってしまう暴力に悩んでいた。
イラストブックレビュー

ある男の通夜に集まる縁者たちの記憶と死生観

『死んでいない者』滝口 悠生 (著) のイラストブックレビューです。大往生を遂げた男の通夜に、親戚たちや友人が集まった。縁者同士の何気ない会話やふるまいが、それぞれに生と死についての思考と記憶を呼び起こす。
イラストブックレビュー

三人の女に関わる男たちの物語

『サンドの女 三人屋』 原田 ひ香 (著) のイラストブックレビューです。父の亡き後、店を残すために三姉妹が始めた「三人屋」。朝は三女がモーニングを、昼は次女がうどんランチ、夜は長女がスナックを経営。長女のスナックにはワケありだったり、クセのある常連客がやってきては、互いの悩みを打ち明け合う。
イラストブックレビュー

開かれた穴の闇から放たれたものは何なのか

『騎士団長殺し 第2部: 遷ろうメタファー編(上)』村上 春樹 (著) のイラストブックレビューです。肖像画のモデルとなった少女、まりえは雑木林の秘密の道を通って、山荘へやってくる。屋根裏に隠された絵と「私」の描いた絵が奇妙な呼応を見せる。
イラストブックレビュー

あたたかくユーモラスに描かれた「運」のお話

『強運の持ち主』瀬尾 まいこ (著) のイラストブックレビューです。営業時代に鍛えた話術を活かし、占い師へと転身したルイーズ吉田こと吉田幸子。ショッピングセンターの片隅で、悩みを抱える人の背中を押す。
イラストブックレビュー

死神はあなたのすぐそばにいるかもしれない

『死神の精度』伊坂 幸太郎 (著)のイラストブックレビューです。死神の仕事は、対象者を1週間調査すること。その結果が「可」であれば担当部署へ報告し、八日目に対象者に何らかの形で死が訪れる。その死を見守り、任務終了。クールでちょっと奇妙な死神・千葉は様々な対象者と関わり、調査を行う。
イラストブックレビュー

言葉にできないものを言葉にしてくれるエッセイ

『二度寝とは、遠くにありて想うもの』津村 記久子 (著)のイラストブックレビューです。国籍を問わず道を尋ねられる「道訊かれ顔」を持ち、布団が好きすぎるあまりついには話しかけ、「いい年」という言葉に萎縮する。庶民派・芥川作家が綴る、味わい深い日常エッセイ。
イラストブックレビュー

接続詞をマスターして「伝わる」「読ませる」文章に

のこ こちらは文章が格段と 良くなる「接続詞」の使い方を 解説した一冊よ。 ぬこ 接続詞って大切なもんなの? のこ 文と文をつなぐ、そして誘導する 大切な役割を持っているわ。 使い方のコツを覚えるこ...