イラストブックレビュー

イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『死人の口入れ屋』阿泉 来堂 (著)

警察を辞め、新たに古物商の阿弥陀堂で働くことになった久瀬宗子。ここで扱う品物は単なる古物ではなく「忌物(イミモノ)」と呼ばれる、霊魂が取り憑いた物品。憎しみや恨みを抱えた客にこれらの品を貸し出している。例の力を借りて客たちが手に入れたものとは。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『いわいごと』畠中 恵 (著)

神田町名主の跡取り息子、麻之助の元に、何と縁談が三つもやってきた。三人とも町名主の娘であり、うち一人は江戸でいちばんの美人。しかし、どの娘もなにやら事情を抱えているようで…。話がまとまらず周囲の人々が気を揉む中、ついに麻之助は祝言をあげることに。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『ネコシェフと海辺のお店』標野 凪 (著)

仕事、恋愛、子育てなど悩みを抱えた人の前にふいにあらわれるのは、海辺にぽつんと建つ小屋。ここでは料理上手な猫シェフが、悩む彼らにとっておきの料理を振る舞う。豊かな海の幸を使った料理とシェフの言葉に客たちはいつしいか心がほぐれ、自分だけの道を見出していく。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『あなたが殺したのは誰』まさき としか (著)

中野区のマンションで女性が殴られ、幼い娘が連れ去られる事件が発生。現場には「私は人殺しです」と書かれた便箋が。時は遡り、1990年代はじめ頃、北海道鐘尻島では巨大リゾート「リンリン村」の建設が頓挫。島の未来に期待し裏切られた島民の一人が自殺したことをきっかけに、島では立て続けに不幸な出来事が起こる。島での出来事と現代の事件との関係とは。三ツ矢、田所コンビが事件の真相を探る。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『雪のなまえ』村山由佳 (著)

小学五年生の雪乃は学校でいじめに遭い、不登校に。ある日父親の航介が会社を辞め、雪乃とともに曾祖父母が暮らす長野で農業をするのだと言い出す。母親の英理子は仕事を続けるため単身東京へ残ることに。豊かな自然と周囲の人々の思いに包まれ雪乃は少しずつ成長していく。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『女と男、そして殺し屋』石持 浅海 (著)

富澤充は本業の経営コンサルタントに加え、副業で殺し屋をしている。確実に業務を遂行するためには綿密な調査が欠かせない。一方、インターネット通信販売業を営む鴻池知栄も副業で殺人を請け負う。ターゲットの奇妙な行動を目にした彼らはその理由を探り、推理する。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『孤島の来訪者』方丈 貴恵 (著)

制作会社のAD、竜泉佑樹は無人島のロケに参加。その目的は、参加メンバーを殺害するため。ところが勇気が手を下す前にターゲットは何者かによって殺されてしまう。事件の状況を検分し、推理した佑樹が暴いた思いもよらぬ犯人とは。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『パラダイス・ガーデンの喪失』若竹七海 (著)

葉崎市の私設庭園「パラダイス・ガーデン」で身元不明の老女の死体が発見された。オーナーの兵頭房子は自殺幇助を疑われてしまう。葉崎署の二村貴美子警部補は事件の捜査に乗り出すが、この狭い葉崎市内で誘拐、殺人、詐欺などが次々と発生する。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『ちびねこ亭の思い出ごはん かぎしっぽ猫とあじさい揚げ』高橋由太 (著)

三十五歳になる五十嵐さくらは疲れていた。書店の店長を務めているが、給料は安く責任は重い。仕事の辞めどきなのかも。そう考えたさくらは、自分が本を好きになったきっかけをくれた人ともう一度話がしたいと思い、死んだ人間と話ができるという「ちびねこ亭」を訪れる。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― 』皆川 博子 (著)

18世紀ロンドン。外科医ダニエルの解剖教室で、あるはずのない屍体が発見された。四肢を切断された少年と顔が打ち砕かれた男。盲目の治安判事ジョン・フィールディングは、ダニエルとその弟子たちに捜査の協力を要請する。