イラストブックレビュー

イラストブックレビュー

密室のあるところに密室蒐集家の姿あり

鍵がかかった音楽室からこつぜんと姿を消した射殺犯、警察が監視する家で発見された高校生の男女の死体。密室のある事件が起こると、どこからともなく現れる「密室蒐集家」が、鮮やかにその謎を解いていく。
イラストブックレビュー

その人生が不幸か幸福か それは自分自身が決めること

海を見下ろす小高い丘に広がる住宅地、『うつくしが丘』。この地に建つ、築21年の3階建一軒家を購入した美保理と譲。1階を美容室に改装し、近所の人に利用してもらえる店にしようと張り切っていた。しかし、オープンを間近に控えたある日、美保理は近隣住民からここが「不幸の家」と呼ばれていることを知る。
イラストブックレビュー

罪を犯した作家は逃げ果せることができるのか?

売れない作家の大菅賢は編集者の言葉にキレてしまい、路上で突き飛ばし、殺してしまう。逃亡をはかった末に自殺を考えたが、偶然にも自殺をしようとする女性を発見し、助ける。この女性・直美の家に匿ってもらう賢は、直美をゴーストライターとして小説を書き、再デビューをはかる、という作戦に挑む。
イラストブックレビュー

その行動・言動には理由あり。認知症の人が見ている世界とは。

日本におかえる認知症の患者数は増加の一途を辿っています。しかし、家庭介護においては「同じことを何度も言う」「理由もなく歩きまわる」など、その不可解な言動や行動に振り回されることも。本書ではその行動をもたらす心理を漫画を交えてわかりやすく解説。
イラストブックレビュー

戦いの場を麻薬捜査に移し、因縁の相手と再び対決!

昇ロンドン警視庁捜査巡査部長となったウィリアム・ウォーウィックは、麻薬取締独立捜査班へ異動。ロンドンの麻薬王と呼ばれる通称『ヴァイパー』の正体をつかみ、逮捕するために捜査に向かうウィリアム。そしてこの捜査はあの因縁の相手へとつながっていく。
イラストブックレビュー

結末のない物語に隠された衝撃の真実とは

大学を休学し、古書店を営む伯父の家で店の手伝いをしながら居候していた菅生芳光は、一人の女性から死んだ父親が書いた「結末のない物語」を見つけて欲しい、という依頼を受ける。調査を進めるうちに、著者が二十年以上前に起こった「アントワープの銃声」事件の容疑者であったことが判明する。
イラストブックレビュー

日常に潜む違和感をあたたかなものに変えていく物語

駐車場にやってくる地域猫に餌をあげていた布団屋の民子。入院するが、その間ふぐ料理屋のおかみが民子のかわりに猫へ餌をあげているらしい。やがて、夫が体調を崩し、猫の姿は見えなくなり…(「駐車場のねこ」)ほか日常の一コマから生じる違和感を描きだす、心あたたまる短編集。
イラストブックレビュー

あなたはこのラストをどう解釈しますか?

出版社で働く如月鳥有は、女子高生の舞奈桐璃とともに雑誌の取材のために和音島へとやってきた。かつてこの島で共同生活を送っていた男女が、二十年ぶりにここへ集う。しかし、滞在している館の主人が死体となって発見される。
イラストブックレビュー

迷いなく破滅への道へ向かう者と巻き込まれていく者

浪人生の徳山は、バイト仲間に連れられて訪れたキャバクラでナンバーワンキャバ嬢の初美と出会う。残酷な世界を語り、物語を嫌う初美にのめり込んでいく徳山。やがて二人は同棲し、外界との関係を断っていく。
イラストブックレビュー

こんな世界、見たことない!!おかしな国のざんねんなスパイの物語

長年ニホーン政府当局で清掃作業員をして働いてきたスパイのルーキーは、73歳にして市長を暗殺する任務を受ける。しかし、この市長と友達になってしまったのだ。秘密裏に任務を遂行するはずが何故か思わぬ方向に事態は転がり続ける。