イラストブックレビュー

イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『怪物の木こり』倉井 眉介 (著)

優秀な若き弁護士、二宮彰はサイコパス。これまでに感情を僅かでも動かすことなく、自分の邪魔になる人間を何人も殺してきた。しかし、ある夜二宮は怪物のマスクを被り、手斧を持った人物に突然襲われる。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『あずかりやさん 満天の星』大山 淳子 (著)

「あずかりや」では一日百円でどんなものでも預かってくれる。目が見えない店主のもとには様々な預かってほしい「もの」を持ったお客たちがやってくる。また預けたものを受け取りに来る客や、時には招かざる客も…。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『メルカトルと美袋のための殺人 』麻耶 雄嵩 (著)

大学の友人に誘われ、湖の近くに建つ別荘へとやってきた推理作家の美袋。同じく別荘に来ていた佑美子に心を奪われ、一夜を共にする。しかし彼女は死体となって発見され、状況から美袋が容疑者とされてしまう。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『受験生は謎解きに向かない』ホリー・ジャクソン (著)

17歳の高校生、ピップのもとに一通の招待状が届いた。友人・コナーの家で架空の殺人事件の犯人当てゲームへの誘いに招待されたメンバーは、指示された配役を演じ発言する。様々な状況やメンバーの発言を分析し、推理を深めていく作業にピップはのめり込んでいく。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『薫そうめん 木挽町芝居茶屋事件帖』篠 綾子 (著)

蒸し暑いさなか、雨が降る。木挽町の芝居茶屋「かささぎ」では芝居好きの老人・岩蔵と、金貸し屋の奉公人をしている若者・長助が相席に。芝居談義で盛り上がっていいたが、岩蔵の放った言葉が場を白けさせてしまう。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『もう終わりにしよう。』イアン・リード (著)

ジェイクと付き合いはじめて二ヶ月弱。彼が生まれ育った家へ、彼の両親に挨拶をしに二人で車で向かっている。彼との強い結びつきを感じながらも、私はそれを終わりにしようと考えている。この気持ちをジェイクに伝えることができないまま、車は走る。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『滅びの前のシャングリラ』凪良 ゆう (著)

学校でいじめられている男子高校生、、落ち着かないチンピラ、友樹を女手ひとつで育てる母親、伝説の歌姫。小惑星の衝突により地球が滅びるというニュースが流れ荒廃していく世界の中で彼らに起こったこと、目にしたもの、そして芽生えたものとは。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『田舎のポルシェ』篠田 節子 (著)

農家である実家で作られた大量の米を引き取るために、荷物の積め込みと運転を手伝ってくれる相手を同僚から紹介してもらった翠。現れたのは、白い軽トラに乗ったいかついヤンキーだった。岐阜から東京への往復1000キロの旅の途中、台風の接近をはじめとした様々なトラブルに巻き込まれ…。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『ロボット・イン・ザ・システム』デボラ・インストール (著)

中学校生となったタングは思春期の真っ只中。骨盤骨折から回復した老婦人、ミセス・カッカーを迎え入れ、いっそう賑やかになった一家のもとへ友人のカトウ一家が仕事と休暇を兼ねてやってきた。何かを隠している様子のカトウにベンは不信感を抱くのだが…。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『ザリガニの鳴くところ』ディーリア・オーエンズ (著)

ノース・カロライナ州の湿地で、一人の若い男性の死体が発見された。村の人々は6歳の頃からたった一人で暮らしている「湿地の少女」と呼ばれるカイアへと疑いの目を向ける。村人からの蔑みの目線を避け、湿地の豊かな自然に包まれひっそりと暮らしていたカイアは犯人なのか。