イラストブックレビュー

イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『獣たちのコロシアム 池袋ウエストゲートパーク16 』石田 衣良 (著)

マコトが果物屋で仕事をしているとスマホに一本の電話が入った。テレビ曲のプロデューサーで梅原と名乗る彼は、児童虐待の動画を投稿するサイトを潰し、参加する者たちを世間の目に晒したいので、マコトにい協力してほしい、と言うのだ。マコトとタカシはサイト参加者をおびき寄せるために罠を仕掛ける。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『ボーイズクラブの掟 』エリカ カッツ (著)

マンハッタンの五番街にある大手法律事務所、クラスコ&フィッチで働く新人弁護士のアレックス。花形部門であるM&Aに採用される。真面目で実直なアレックスだが、過重労働や組織の腐敗、不倫やセクハラなど男社会のルールに染まっていく。組織の中で女性として戦う姿を描くサスペンス。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『夜の国のクーパー』伊坂 幸太郎 (著)

気がつくと、細く丈夫な蔓で身体を縛られ、身動きのできない状態で草叢の中に横たわっていた私の胸の上には、灰色の猫が座っていた。その猫が「ちょっと話を聞いてほおしいんだけれど」と喋ったものだから驚いた。長い話を終えたトムは私に「僕たちの国を救ってくれないか」と言ってきた。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『Rのつく月には気をつけよう 賢者のグラス』石持浅海 (著)

長江と渚と夏美の三人は、学生時代からの宅飲み仲間。夏美と結婚した健太、二人の息子の大、そして長江と渚の娘・咲が加わり、美味い酒と肴に舌鼓を打つ。料理や酒の話で盛りあがると夏美が「そういえば…」と身の回りで起きた奇妙な謎を語り出す。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー『恋ごろも お江戸縁切り帖』泉 ゆたか (著)

大火災に見舞われた江戸の町では少しずつ活気を取り戻しているかのように見えたが、春の訪れとともに疫病が流行りだした。小石川療養所のお救い所で手伝う糸と奈々。しかし、そこで医師として病人を看ていたのは隣人・イネの息子であり、彼女と縁切りをした銀太だった。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー『終電の神様 殺し屋の夜』阿川 大樹 (著)

終電を逃したことがきっかけでお笑いコンビを組むことになった男たち、子育ての苦しさから赤ん坊を捨てに行く女性、日々の激務に疲弊し発作的に反対方向の最終電車に乗ってしまったエンジニアの男性。人々の様々な思いを乗せて電車は走る。そんな「終電」から始まる人間ドラマを描く、シリーズ第四弾。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。』青柳 碧人 (著)

クッキーの包みとワインのボトルを持って旅に出た赤ずきんは、その行く先々で事件に遭遇する。「シンデレラ」「ヘンゼルとグレーテル」「眠り姫」「マッチ売りの少女」。それぞれの物語の世界の中で起こる不可解な殺人事件。果たして赤ずきんはその謎を解くことができるのか。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー『人生オークション』原田ひ香 (著)

不倫の果てに刃傷沙汰を起こしたりり子叔母さんは、離婚してアパートで一人暮らしを始めることに。就活に失敗してアルバイト中の瑞希は、りり子の引っ越しの荷物整理を手伝う。多くの荷物を目の前にして、二人はネットオークションを利用してどんどん不要なものを処分していく。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『ちびねこ亭の思い出ごはん たび猫とあの日の唐揚げ』高橋由太 (著)

海沿いの白い貝殻を敷きつめた小道の先にあるちびねこ亭。死者と会うことができるこの店には様々な客がやってくる。恋人を亡くした男性、幼い息子と義母を亡くし、夫までもが危険な状態となってしまった女性。思い出ごはんを目にした彼らは大切な人に何を伝えるのか。
イラストブックレビュー

ひと目でわかる!イラストブックレビュー
『f植物園の巣穴 』梨木 香歩 (著)

f植物園の園丁をしている私は、歯の痛みに耐えかねて歯医者へとやってきた。薬歯医者の家内は前世が犬だったのだと言う。職場であるf植物園にある大きな木のうろに落ちた私は、気がつくと住まいに戻っていたが、落ちてからの記憶がない。失くした履き物、妻との思い出、子供の頃の記憶と歯の痛みが私を穴の底の世界へと誘う。