創元推理文庫

イラストブックレビュー

人形の修復からそこにこめられた思いを探る

勤めていた広告代理店を突然リストラ解雇された澪は、祖母が遺した小さな人形店を継ぐことに。店に持ち込まれるのは顔面が破壊された古い創作人形、一度修復したのにまた手足や頭がバラバラになったテディベア、精巧なラヴドール…。その人形たちに込められた思いとは。
イラストブックレビュー

嘘で育つ木を手にした少女の闘いと成長の物語

19世紀のイギリス。高名な博物学者であるサンダリーとその家族たちはヴェイン島へやってきた。父が不審な死を遂げ、何者かに殺されたのではと考えたフェイスは、真相を見つけるため父の荷物を調べるが、そこで見つけたのは父の手記と、嘘を養分にして育つという不思議な木だった。
イラストブックレビュー

クラフトビールの町、レブンワースが「禁酒の町」に!?

クラフトビールの町、レブンワースは冬のイルミネーションイベントを迎えようとしていた。そんな中、なんとこの町に禁酒法を推し進めようとしていた市議会議員が、選挙を前に死体となって発見された。スローンは、周囲の人々に話を聞いていく。すると意外な事実が明らかに…。
未分類

『平凡すぎる顔』が原因で命を狙われるハメに!?

『平凡すぎる顔』を持つ28歳のポールは、ある事情から無職のまま病院を訪れ、彼を自分の息子や知人と思い込む老人たちの心を癒す日々を過ごしていた。ある日、末期ガンの老人を見舞うと錯乱した老人に肩を刺されてしまう。それからポールは命を狙われはじめる。
イラストブックレビュー

結婚相談所が英国王室の危機を救う!?

戦後のロンドンで結婚相談所を営むアイリスとグウェンのもとに、一件の依頼が舞い込んだ。エリザベス王女が想いを寄せるフィリップ王子の母親のスキャンダルについて、極秘に調査をしてほしい、という。スキャンダルの真偽、そして脅迫犯を捜し出すべく、アイリスとグウェンの二人はロンドンの街を駆けめぐる。
イラストブックレビュー

魅力的な女性コンビが結婚相手も殺人犯も見つけ出す

1964年、戦後のロンドンで結婚相談所を設立したアイリスとグウェン。入会した若く美しい女性・ティリーにぴったりの誠実な男性・ディッキーを紹介したのだが、ティリーは殺され、ディッキーが逮捕された。彼が犯人だとは考えられないアイリスとグゥエンは、その身につけた能力は人脈を使って犯人を捜す。
イラストブックレビュー

その自由研究は彼らの運命を変える

高校の自由研究のテーマとして、五年前に自分の住む町で起きた事件を調べているピップ。十七歳の少女が失踪し、交際相手の少年が自殺したことから、彼が少女を殺した犯人だったとされているが、彼を知っているピップはどうしても犯人だとは思えない。ピップは真犯人を見つけ出せるのか。
イラストブックレビュー

荘厳な古典ミステリと現代社会がマッチした秀逸な作品

『ヨルガオ殺人事件 下 』アンソニー・ホロヴィッツ (著) のイラストブックレビューです。名探偵アティカス・ピュントシリーズの『愚行の代償』を読んだセシリーは、ある殺人事件の真相について言葉を残し、行方不明となった。小説の中のミステリー、小説の外で起こる事件のピースが集まり、真相へと近づいていく。
イラストブックレビュー

人気ミステリー作品が新たな事件を招く!?

『ヨルガオ殺人事件 上 』アンソニー・ホロヴィッツ (著)のイラストブックレビューです。クレタ島のホテルを切り盛りし、忙しい毎日を送っていたスーザンのもとへ、イギリスから裕福な夫妻が訪ねてきた。ホテル経営をしている彼らの娘が失踪したのだという。
イラストブックレビュー

謎から開く 新しい世界の扉

『探偵は教室にいない』川澄 浩平 (著)のイラストブックレビューです。札幌の中学に通う中学二年生の海砂真史は、自分の机の中にラブレターが入っているのを見つける。差出人の名はなく、A4の紙にプリントされた文字で文章が綴られている。イタズラなのか?そうでなければ一体誰が?真史は長らく会っていなかった幼なじみに相談することに。